トップページ
税理士 会計士 行政書士 司法書士 社労士
弁護士 弁理士 中小企業診断士 経営コンサルタント 保険代理店
HOME > 保険コンサルタント > 保険情報サービス株式会社 > ブログ > 今期だけ決算対策を検討したい企業の保険選び

« もし、犯罪に巻き込まれたら...?~ホントにあった保険の話~ | メイン | 本年度最終号!2011年を振り返って »

今期だけ決算対策を検討したい企業の保険選び


こんにちは、保険情報サービスの田村です。

生命保険は契約期間が長いので、保険料(掛金)の支払いが困難な場面に出くわすこともあるでしょう。

そんな時、お金が貯まるタイプの保険には、解約しないで済むように『契約者貸付』と『保険料自動振替貸付』と2つの貸付制度があります。

まず、2つの貸付制度について簡単に説明したいと思います。

≪2種類の契約者貸付≫~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・

1.契約者貸付
この制度は、解約返戻金の80~90%の範囲内で、お金を融資してくれる制度。
(保険会社所定の利息がかかります)

また、貸付金と利息の合計額が解約返戻金を上回ると、オーバーローンとなって保険は失効するので注意が必要です。

2.保険料自動振替貸付
この制度は、保険料(掛金)の払込猶予期間を過ぎた際、解約返戻金の中から自動的に保険料(掛金)を貸付ける制度。

保険商品によって[出来るor出来ない]、また、あらかじめこの制度を[適用するor適用しない]など、選択することも可能(必要)です。

≪継続保険料に選択の幅を持たせた逓増定期≫~~・~~・~~・~~・~~・~

ある保険会社の逓増定期保険を例にとります。

●加入した逓増定期保険の1年目(1回目)の保険料をお支払いします。

●2年目(2回目)の年払い保険料負担時に、
 保険料自動振替貸付が使える保険がございます。 
 つまり2年目の保険料支払いを 貸付に任せることで保障を継続することが
 できるのです。
 解約返戻金も設計書とおりの金額に推移します。
 但し、実際の解約返戻金は貸付と利息のを差し引いいた差額となります。

●3年目(3回目)も、上記と同様の方法で3年間の保障を確保することができます。
(もちろん、2年目・3年目と保険料を払い込めれば、よりよい保険活用ができます)

企業の保険料負担は契約時の1年目のみで、3年間保険を継続することができます。

例えば、今期は節税を検討したいが、来期以降に不安のある企業も少なくありません。
一方で生命保険を活用する場合、2年とか3年とか継続性が必要になる場合があります。

このようなケースでは、ご検討の価値があるかもしれません。
しかし、解約返戻率の推移を調べますと、一部の保険会社で活用できる保険です。

ご検討される場合は保険のプロに相談した方が良いでしょう。

       【お問い合わせは、下記までお願いします!!】
           ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
      http://www.kaishanohoken.com/reserve.html 

≪総合的な検討で、最もパフォーマンスの高い保険活用を≫~~・~~・

世界的に見ても経済は不安で、中小企業には厳しい状況が続きそうです。
自社の状況に合う保険活用を考えたとき、上記の様な保険活用も有効な手段では
ないでしょうか?

とはいえ、保険活用や保険選びには総合的な判断が必要となります。
上記の様な保険活用に偏らず、トータル的なご相談を保険のプロにされることを
切望いたします。

(ライフコンサルティング部 田村哲也)

┌──────────────────────────────────
◆ 保険の活用術に関するお問合せ・ご相談は...
 
 Webでのお問合せ
  法人様 ⇒ http://www.kaishanohoken.com/reserve.html 
  総合  ⇒ https://ssl.alpha-mail.ne.jp/hoken-joho.co.jp/c_houjin.htm
  お電話でのお問合せ ⇒ 0120-7019-32

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する[使い方はこちら]

« もし、犯罪に巻き込まれたら...?~ホントにあった保険の話~ | メイン | 本年度最終号!2011年を振り返って »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sigyo.net/mt4/mt-tb.cgi/15633

アーカイブ

最近のエントリー

このページのトップへ