士業ねっと! マイナンバー対応、助成金・補助金などの資金調達の各種相談、各種顧問料の見直しなどもどうぞお気軽に!

士業ねっと! 全国版

東証一部上場「株式会社フォーバル」のグループ会社が運営しています。

掲載希望の士業者様はこちら

士業ねっと!全国版

士業者検索

サムライレポート

サムライレポート

足立区 保険コンサルタント 保険情報サービス株式会社の竹中延公先生を取材!!

事務所名 保険情報サービス株式会社
住所 〒120-0005 東京都足立区綾瀬3-16-4とうしんビル3F
最寄り駅 綾瀬駅
電話番号 03-5682-7070
営業時間 9:00~17:00(時間外対応あり)
事務所詳細 > 事務所紹介ページはこちら
足立区 保険コンサルタント 保険情報サービス株式会社の竹中延公先生を取材!! 写真

Q.業務内容についてお聞かせ下さい。

A.生命保険と損害保険の代理店業務と社会保険・生命保険・損害保険のコンサルティングを中小企業向けに行っています。当社の特徴は、社会保険・生命保険・損害保険にそれぞれ偏らず、一元化したサービスを行っているということです。それぞれの保険のプロフェッショナルが対応し、国の保険も合わせた整合性のあるご提案をしております。このようなスタンスは顧客の立場から考えるととても重要なことなのです。仮に、交通事故に遭って入院したとします。このような場合、損害保険の請求、加害者に対しての賠償請求、自分が加入している生命保険の入院治療保険の請求、労災保険・健康保険などの公的保険を請求することが考えられますが、それらの保険を請求する場合、請求先がみんなバラバラで、一本化した窓口が無く、利用者の方には複雑でわかりづらいのが現状です。そこで当社では、それぞれの保険のプロフェッショナルを揃え、お客様には一元化したサービスを提供しています。当社は国の保険制度のベースの上に足りない部分を補うような保険のご提案を行っています。損害保険14社、生命保険17社の中から、お客様に適した保険を提案させていただいております。

(なぜ会社に「社労士」、「公認会計士」の先生がいらっしゃるのですか?)

社会保険労務士の仕事は人事労務、就業規則など規定に関することです。保険は資金的な裏づけがあるので、規定の準備と資金の裏づけがセットではないと本来は役に立たないのです。ですから当社では社会保険労務士を置いています。また保険屋さんと社会保険労務士の位置づけは、潰さない経営が前提となっております。売り上げを上げようという経営のお手伝いはなかなかし辛くて、できないのですね。当社では企業を応援するスタンスですから、経営に関してもアドバイスを行おうと考えます。そこで企業を財務面からアドバイスをできるのは公認会計士だろうと考え、完全に経営コンサルに特化した公認会計士を置いています。経営支援分野と問題解決分野の両輪を中小企業様にご提供していくということが当社の強みだと思っています。

Q.営業エリアや、営業時間をお聞かせください。

A.営業エリアは東京都内を中心に千葉、埼玉なども対応しております。営業時間は会社と致しましては9:00~17:00となっていますが、お客様からご要望があれば時間外でも対応しております。

足立区 保険コンサルタント 保険情報サービス株式会社の竹中延公先生を取材!! 写真

Q.お仕事をする上で心がけていらっしゃることは何でしょうか?

A.当社ではお客様に売り込みは一切していません。お客様に必要なものを、お客様自信に理解していただくフォローをしています。当社では売り上げグラフのような数字のノルマはありません。お客様から「ありがとう」と言っていただくことがバロメーターです。会議に関しましても、お客様が「これだけ自分達のことを考えてくれているのだ」と満足していただけるような内容でなければ会議ではないという信念を持っています。顧客の信用を大事にしています。お客様に提案したものが、本当にお客様のためになっているのか、お客様の立場に立って考えて社内で確認をし合っています。

Q.このご職業をどういった経緯でご選択されたのですか?

A.もともと大東京火災の営業をしておりました。その後、大東京火災の代理店として働いておりました。働く時はいつも顧客目線の提案をするように心がけておりました。閉鎖的なメーカーの代理店になるのではなく、顧客の代理店になろうという想いが強かったのです。その後、その想いをモットーに保険情報サービス株式会社を設立しました。

足立区 保険コンサルタント 保険情報サービス株式会社の竹中延公先生を取材!! 写真

Q.今後の指針等がございましたらお聞かせください。

A.中小企業の経営支援を行っていきたいと思っています。潰さない経営というひとつの位置づけを持って、中小零細企業をサポートしていき、そこにおいては東京でお客様からナンバー1の支持を得られるような保険代理店、保険コンサルになっていきたいと思っています。また、今までは保険代理業として来たのですが保険コンサルティング業ということに加え、当社では資金戦略のアドバイスもできますので、お客様とは顧問契約を結び、経営のお供としてお付き合いをしていければと思っています。

Q.事務所に対してのお気に入りなどはございますか。

A.綾瀬駅から非常に近い位置にあること。また綾瀬は駐車場がたくさんあります。そういう意味では、車でも電車でも利便性がよく気に入っています。また、信用組合のビルなので、セキュリティ面でもとても強いです。大事な書類をお預かりしている側なので、セキュリティがきちんとしている所ということも、ここに事務所を構えた理由の一つです。

Q.趣味・最近はまっていることはございますか?

A. 読書と映画鑑賞です。映画は邦画・洋画問わずヒューマニズムな映画をよく観ます。読書はビジネス書から小説まで幅広く読みますね。人間力というものが非常に大事だと思っています。人間力を一番向上させるにはどうしたらいいかを考えた時に、映画や読書は疑似体験ができるので最適だなと思いました。最近はその疑似体験をすることにはまっています(笑)。

足立区 保険コンサルタント 保険情報サービス株式会社の竹中延公先生を取材!! 写真

Q.この職業を選んでよかったこと、嬉しかったことはございますか?

A. お客様から、「ありがとう」や、「あなた達と出会えて本当によかった」と言って頂けることは嬉しいですね。「やっててよかったな」という気分になります。また、自分の人間的な成長を考えた時に、この職業では業種を問わない人達と出会えるということも嬉しいです。自分のキャパシティーも増えますし、様々な方とじっくり話をしてみると「あぁ、すばらしい」という気付きが出てくるんです。その気付きで、様々な業種・業態があるんだなと気付ける事は非常にありがたいですね。また、私よりも年上の人生の先輩方からアドバイスを頂きながら仕事をさせて頂けることも嬉しいです。そのおかげで知識が本当に増え、最近はあだ名が「人間グーグル」といわれるまでになりました(笑)。様々な方とお話しをしていますと、士業の先生方を始め、専門家と一般の方の間には、その専門用語を通訳する人物が必要だなと思いました。話が変な方向に行かないように両者が理解しやすくできる役割が大事だなということにも気付けましたね。

Q.座右の銘、好きな言葉はございますか?

A. 「敬天愛人」ですね。天を敬い人を愛するという意味です。人が好きでなければできない仕事ですしからね。とても好きな言葉です。今自分達がやっている仕事が正しいことだとお天道様を見て言えるのかという意識を持って仕事に取組んでいます。妥協をすることなくしっかりと胸を張って仕事が出来ることは大事なことです。

Q.これから保険コンサルタントを目指している方々にメッセージをお願いします。

A.人間の成長を望むなら、この仕事は最高に良い仕事だと思います。色々な人と出会い、様々なことを教えていただけますからね。人好きな方にも適している仕事だと思います。また望むものとして、想像力が豊かじゃないとダメだと思います。リスクマネージメントというのは、未来に向けて、もしこのようなことが起きたらどうしますかというお話しができる想像力、発想力を豊かにしないとダメです。自由な発想を持てるようにするといいと思います。

Q.このレポートをご覧になっていただいた方へメッセージをお願いします。

A.顧客を守るはずの“保険”。しかし、その保険で守れなかったら?事前に把握していれば防げた保険の活用。社会保険・生命保険・損害保険の壁を取り払い、より洩れのない保険の活用を目指して、当社は中小企業の支援をしていきます。お気軽にご相談下さい。

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

コメントを投稿

士業ねっとに初めてコメントをする場合は、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがございます。その場合、承認されるまではコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください。

情報の登録