トップページ
税理士 会計士 行政書士 司法書士 社労士
弁護士 弁理士 中小企業診断士 経営コンサルタント 保険代理店
HOME > 社労士 > 行政書士 > 中野人事法務事務所 > ブログ > 平成25年10月からの雇用・年金に関するの主な制度変更

« 企画型裁量労働制、規制緩和に向けて動き出す | メイン | 職場のパワーハラスメント対策ハンドブック »

平成25年10月からの雇用・年金に関するの主な制度変更

平成25年10月に実施される厚生労働省関係の主な制度変更のうち、
雇用・年金関係に関する事項についてお知らせ致します。

1 最低賃金の引上げ

【内 容】
★ 都道府県ごとに定められている
  地域別最低賃金額が改定され、
  平成25年10月6日から順次発効する。
★ すべての都道府県で、時間額11円から22円の引上げとなる
   (全国加重平均額764円)。

【実施時期】
10月6日以降、各都道府県で順次発効

【主な対象者】
すべての労働者とその使用者

【参 考】
必ずチェック!最低賃金

2 厚生年金保険料率の引上げ

【内 容】
★ 厚生年金保険料率は9月分
   (10月分給与の源泉徴収)から0.354%引上げ
   (~8月分16.766%、9月分~17.120%)

【実施時期】
9月~(9月分の保険料は、10月分給与の源泉徴収から適用)

【主な対象者】
厚生年金保険の被保険者、事業主等

【参 考】
平成25年9月分からの厚生年金保険料額表

3 平成25年10月から平成26年3月の年金額

【内 容】
★ 平成24年11月に成立した「国民年金法等の一部を
  改正する法律等の一部を改正する法律
  (平成24年法律第99号)」の規定に基づき、
  平成25年10月以降、特例水準の解消を
  段階的に行うこととしている。
★ 平成25年10月から平成26年3月までの年金額は
  1.0%の引下げ(平成25年9月比)となる。
  (老齢基礎年金(満額) ・・・
    ~9月分:月65,541円、10月分~:月64,875円)

【実施時期】
10月1日(12月支払い分から)

【主な対象者】
年金受給者

【参 考】

□■□□■■□□□■■■□□□□■■■■□□□□□■■■■■□□□□□□■■■■■
こちらのサイトもご覧ください!
★ 就業規則作成相談室
★ 中野人事法務事務所
★ 中野人事法務事務所FACEBOOK
□■□□■■□□□■■■□□□□■■■■□□□□□■■■■■□□□□□□■■■■■

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する[使い方はこちら]

« 企画型裁量労働制、規制緩和に向けて動き出す | メイン | 職場のパワーハラスメント対策ハンドブック »

アーカイブ

最近のエントリー

このページのトップへ