トップページ
税理士 会計士 行政書士 司法書士 社労士
弁護士 弁理士 中小企業診断士 経営コンサルタント 保険代理店
HOME > 経営コンサルタント > 株式会社ラック > ブログ > 創業・第二創業補助金が今年も募集される、って本当?

« 製造業が「ものづくり補助金」採択にあたって経営革新計画承認は重要、って本当? | メイン | 東京都助成金の募集が始まる、って本当? »

創業・第二創業補助金が今年も募集される、って本当?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★☆   創業・第二創業補助金が今年も募集される、って本当?   ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新たな創業、第二創業を行う事業者を対象とした助成金「創業・第二創業補助金」が平成28年度も出されることが明確になってきました。

しかし、申請にあたっての要件は少し厳しくなるようです。

まず、法律の認定を受けた地域※での創業のみを対象にしています。

助成金の申請を考える方は、創業を行う地域が対象となるのかを各市区町村のHPや下記URLから調べる必要がありますね。

※中小企業庁~産業競争力強化法に基づく認定を受けた 市区町村別の創業支援事業計画の概要~:http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/chiiki/nintei.html


認定された市区町村が実施する「特定創業支援事業」を受けている必要がありそうです。

前年の募集に際しては「特定創業支援事業」を受けている場合、審査の際の加点として扱われました。

仮に28年度募集でも必要とならなくても、審査を有利に進めることは確実です。

一度市区町村のHPから調べてみるとよいでしょうね。


※特定創業支援事業とは
産業競争力強化法によって認定を受けた市区町村又は認定連携創業支援事業者が創業希望者等に行う、継続的な支援で、経営、財務、人材育成、販路開拓の知識が全て身につく事業を言います。代表的な例としては、4回以上の授業を行う創業塾、継続して行う個別相談支援、インキュベーション施設入居者への継続支援など、1ヶ月以上継続して行う支援が考えられます。

※証明書交付
「特定創業支援事業」を受けた創業者は、創業を行う市区町村に対して証明書の
交付申請を行うことができます。


━┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┃━

■■平成28年の公募型助成金申請スケジュール診断サービス■■

   平成28年もたくさんの助成金が募集されます。
   新年度の経営計画の中に公募型助成金申請計画は入っていますか?
   3,000種類もある公募型助成金。
   試作開発・展示会出展・海外展開・特許申請・・・・・・・
   これからのあなたの会社の取組に応じた公募型助成金をアレンジ
   してご提案いたします。
   また、スケジュール診断を受けたあとに公募型助成金を申請し
   採択(合格)に至った方がたくさんおられます。
   詳しくはこちらをどうぞ。
   http://www.josei-kin.net/shinsei/

━┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┃━

※私塚原のメルマガバックナンバーこれまで444回配信しています。
助成金ねっとで検索してください。

ラックでは、「経営革新計画」、「公募型助成金」の相談をお受け致します。
相談ご希望の方は、ホームページで助成金内容をご確認の上、
下記の問い合わせ先へTELまたはメールにてお申し込み下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□お申込・お問合せ:株式会社ラック 代表取締役 塚原 信義
          TEL: 03-5733-0535
          MAIL: joseikin@rac-inc.co.jp

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する[使い方はこちら]

« 製造業が「ものづくり補助金」採択にあたって経営革新計画承認は重要、って本当? | メイン | 東京都助成金の募集が始まる、って本当? »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sigyo.net/mt4/mt-tb.cgi/17360

アーカイブ

最近のエントリー

このページのトップへ