トップページ
税理士 会計士 行政書士 司法書士 社労士
弁護士 弁理士 中小企業診断士 経営コンサルタント 保険代理店
HOME > 行政書士 > 清水行政書士事務所 > ブログ > 家具や食器も相続財産になる

« 11月 地域経済動向 | メイン | 亡き夫がサラ金に借金していた »

家具や食器も相続財産になる

相続税の申告をする場合、

あまり家具や食器などを考慮しませんが、

それらも相続財産に入ります。

車やAV機器応接セット、食器類なども立派な相続財産です。

これらは基本的に「調達価格」で評価します。

調達価格とは、評価する時点で同じものを買う場合の価格のことです。

例えば車などは中古車の価格になります。

中には調達価格のないものもありますが、

これはこう売り価格から経過年数の減価を差し引いて

評価することになります。

これらの動産は1個または1組ごとに評価するのが原則ですが、

1個または1組が5万円以下のものに関しては

「家財道具一式70万円」とまとめてもよいことになっています。

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する[使い方はこちら]

« 11月 地域経済動向 | メイン | 亡き夫がサラ金に借金していた »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sigyo.net/mt4/mt-tb.cgi/15563

アーカイブ

このページのトップへ