供託手続きの代理(司法書士の業務内容)

トップページ
税理士 会計士 行政書士 司法書士 社労士
弁護士 弁理士 中小企業診断士 経営コンサルタント 保険代理店
HOME > 司法書士 > 供託手続きの代理(司法書士の業務内容)
司法書士トップ
司法書士の業務内容
司法書士の参考料金例

司法書士の業務内容

供託手続きの代理

供託とは、法律の規定により金銭や有価証券・不動産等の財産を供託所に預け、それを相手に受領させることにより法律上の効果を生じさせようとするものです。

例えば、賃貸アパートの住人と大家がなんらかのトラブルで喧嘩していまい、大家が家賃を受け取らなかったためそのまま放置してしまい、その後大家から明渡請求を受けてしまった時などに供託という制度有効になります。大家が家賃を受け取らなかったからといって放置せずに、供託所に行って家賃の弁済供託手続きをすれば、住人は家賃を支払ったことになるのです。

供託には他にも保証供託や執行供託などがあります。

>>司法書士の参考料金例はこちら

士業ねっと!の「無料紹介サービス」今スグお電話下さい。
注目のキーワード
サムライマガジン マッチング成功事例 突撃!!サムライレポート サムライ開業パック 士業向けホームページ制作

相続登記ねっと!
相続登記、遺産分割、遺言書など残されたご遺族の方のお力になります!
sozoku-touki.net

このページのトップへ