不動産登記手続きの代理(司法書士の業務内容)

トップページ
税理士 会計士 行政書士 司法書士 社労士
弁護士 弁理士 中小企業診断士 経営コンサルタント 保険代理店
HOME > 司法書士 > 不動産登記手続きの代理(司法書士の業務内容)
司法書士トップ
司法書士の業務内容
司法書士の参考料金例

司法書士の業務内容

不動産登記手続きの代理

不動産に関するさまざまな権利の登記手続により大切な土地や建物の権利を保護します。

不動産を売買・贈与・相続・会社合併等で取得したことによる所有権移転登記又は仮登記、建物を新築したことによる所有権保存登記、変更、移転、処分、抹消の登記又は仮登記、誤って登記簿に登記した等による更正、抹消登記、信託の登記、財団の登記、抵当証券の交付などです。

具体的な説明をしますと、売買などの不動産取引の代金決済の場面にに実際に立会い、さまざまな登記の要件を満たしているかを確認し、すみやかに登記手続きを完了させるということです。

その場に立会いする司法書士は、事前に調査、当日は取引対象の物件が間違いないか、また、当事者の登記申請の意思を確認した上で、売主・買主の代理人として登記申請を行います。

>>司法書士の参考料金例はこちら

士業ねっと!の「無料紹介サービス」今スグお電話下さい。
注目のキーワード
サムライマガジン マッチング成功事例 突撃!!サムライレポート サムライ開業パック 士業向けホームページ制作

相続登記ねっと!
相続登記、遺産分割、遺言書など残されたご遺族の方のお力になります!
sozoku-touki.net

このページのトップへ