会計監査(会計士の業務内容)

トップページ
税理士 会計士 行政書士 司法書士 社労士
弁護士 弁理士 中小企業診断士 経営コンサルタント 保険代理店
HOME > 会計士 > 会計監査(会計士の業務内容)
会計士トップ
会計士の業務内容
会計士の参考料金例

会計士の業務内容

会計監査

企業などは、株主等の出資者に対して、活動の結果を報告する責任があります。

監査業務は大きく二つに分けることが出来ます。一つは法廷監査で、もう一つは任意監査です。

法廷監査は、商法特例法や証券取引法などの法律上の規定にもとづき、社会政策目的や経済政策目的を実現するために行われます。

任意監査は、法律上の規定にもとづかない監査で、依頼者が財務諸表に信頼性を付与するため任意に依頼するものです。

公認会計士の行う監査業務は、財務諸表の監査証明業務といった民間企業を対象にしたものから、特殊法人・独立行政法人・組合事業のような公的組織まで行います。

>>会計士の参考料金例はこちら

士業ねっと!の「無料紹介サービス」今スグお電話下さい。
注目のキーワード
サムライマガジン マッチング成功事例 突撃!!サムライレポート サムライ開業パック 士業向けホームページ制作

相続登記ねっと!
相続登記、遺産分割、遺言書など残されたご遺族の方のお力になります!
sozoku-touki.net

このページのトップへ