士業ねっと! マイナンバー対応、助成金・補助金などの資金調達の各種相談、各種顧問料の見直しなどもどうぞお気軽に!

士業ねっと! 全国版

東証一部上場「株式会社フォーバル」のグループ会社が運営しています。

掲載希望の士業者様はこちら

士業ねっと!全国版

士業者検索

サムライレポート

サムライレポート

川崎市 司法書士 司法書士いがり事務所の猪狩佳亮先生を取材!!

事務所名 司法書士いがり事務所
住所 神奈川県川崎市川崎区宮前町12番14号
シャンボ-ル川崎505号
最寄り駅 川崎駅
電話番号 044-742-6194
営業時間 平日の9:00~20:00
事務所詳細 > 事務所紹介ページはこちら
川崎市 司法書士 司法書士いがり事務所の猪狩佳亮先生を取材!! 写真1

Q.業務内容の強みについてお聞かせ下さい。

A.当事務所の主要業務は、大きく分けて2つあります。1つは企業法務です。企業様と顧問契約を結び、日々の法律問題の相談に応じたり、契約書を作成したり、取締役会の議事録の作成を行います。大きい案件ですとM&Aにも携わることもあります。もう1つは、司法書士の簡裁代理業務です。140万円以内の争いの相談に応じます。内容としては、一般の民事が多いですね。敷金の問題ですとか、給料の未払い、売掛債権の請求等です。実務においては、10年の経験やノウハウがありますので、知識を活かし、企業をしっかりサポート致します。

Q.営業エリアや、営業時間をお聞かせください。

A. 営業エリアは、東京・神奈川を中心とした首都圏です。私自身がお客様のもとへお伺いするスタンスをとっております。営業時間は、平日の9:00~20:00ですが、事前にご相談頂ければ、いつでも対応致します。

川崎市 司法書士 司法書士いがり事務所の猪狩佳亮先生を取材!! 写真2

Q.お仕事に対して大切にされていらっしゃることは何でしょうか?

A.ご相談されたことに対して、基本的にはできないと言わないようにしております。できないのであれば、ご依頼者の方の依頼の主旨を考えて、「こういう方法があります」や、「それはできないが、これはできる」などの提案型のサービスをしていきたいと思っています。司法書士は身近な法律家です。「こんな気軽に話せる法律家がいるのか」と声を頂くこともあります。そういった敷居が低い法律家ですので、相談されたことに対して、どのようなことでもサポートして参りたいという気持ちを持っています。

Q.このご職業をどういった経緯でご選択されたのですか?

A. 法学部ということもあり、学生のころは司法試験を受けていたのですが、会社に就職しました。その後、平成18年に会社法が変わったため、一から勉強をしなくてはと考えていた時に、予備校で司法書士が人気だということを聞いて、司法書士の道に進みました。

川崎市 司法書士 司法書士いがり事務所の猪狩佳亮先生を取材!! 写真3

Q.今後の指針等がございましたらお聞かせください。

A. 今は柱が2つですが、その他の業務に関してのご相談が来た際にも、できる限り答えられるような体制にしていきたいと思います。登記はもちろんそうですが、成年後見等、徐々に分野を広げたいですね。そして、一人でできることは限られてくると思いますので、パートナーを増やして規模を拡大して行きたいと思っています。

Q.趣味・最近はまっていることはございますか?

A.ゴルフ・野球が趣味です。野球に関しては、子供のころから大好きです。観るのも、行うのも好きですね。休日はよく野球場に行って観戦しています。もともとアクティブな性格で、暇だったらドライブしたりと動いています(笑)。事務的な仕事なので、どこかで体を動かさないと、ストレスが溜まってしまいますからね。

Q.最近おもしろかったこと・感じたことはございますか?

A.この間、初めてお客様にお食事に誘って頂きました。私の仕事を気に入って下さったということで、誘って頂いたのですが、とても嬉しかったですね。成果が認められるということは、やりがいを感じます。醍醐味ですね。

川崎市 司法書士 司法書士いがり事務所の猪狩佳亮先生を取材!! 写真4

Q.座右の銘、好きな言葉はございますか?

A.「為せば成る」です。できないと言いません。私は、まだ開業間もない司法書士ですが、同じ案件で、先輩や経験がある人が解決できるのであれば、私でも解決できるんだと思いながら業務に取り組んでいます。法律家に相談に来て下さるという事は、意を決して来て下さっているのだと思っています。そういった想いで来て頂いた方に対して、できないというのは申し訳なく感じてしまいます。100%できなくても50%はなんとかならないかと考えたり、何かしらお手伝いしたいと思っております。

Q.これから同じ士業を目指している方々へ一言お願いします。

A. これから試験を受ける方は、今までやってきたことを信じて頑張って下さい。また、これから目指そうと思っている方、司法書士は業界がとてもおもしろくなっています。10年前は業務範囲は狭かったのですが、今は権限が増えています。できることが増えるということは、市民の方から頼られることも多くなります。とてもやりがいのある仕事ですよ。人のためになりたいという想いがあれば、是非なってほしいです。

川崎市 司法書士 司法書士いがり事務所の猪狩佳亮先生を取材!! 写真5

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

コメントを投稿

士業ねっとに初めてコメントをする場合は、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがございます。その場合、承認されるまではコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください。

情報の登録