士業ねっと! マイナンバー対応、助成金・補助金などの資金調達の各種相談、各種顧問料の見直しなどもどうぞお気軽に!

士業ねっと! 全国版

東証一部上場「株式会社フォーバル」のグループ会社が運営しています。

掲載希望の士業者様はこちら

士業ねっと!全国版

士業者検索

サムライレポート

サムライレポート

相模原市 行政書士 石田法務事務所の石田勝久先生を取材!!

事務所名 行政書士 石田法務事務所
住所 〒229-0039神奈川県相模原市中央3-7-9 リトルウッズ中央303号
最寄り駅 相模原駅
電話番号 042-752-0373
営業時間 9:00~19:00 土日祝日は休み(応相談)
事務所詳細 > 事務所紹介ページはこちら
相模原市 行政書士 石田法務事務所の石田勝久先生を取材!! 写真1

Q.業務内容にも様々な分野があると思うのですが、主にどのような分野に力を入れていらっしゃるのですか?

A.主に法人や経営者の方々に対する会社設立、定款作成、議事録作成などのサポートを行っております。会社設立といっても、設立までをお手伝いするだけではなく、そこからが経営者の方とのお付き合いの始まりだと思っております。赤ちゃんが誕生するときは、うぶ着やベビーベッド・ベビーバスなどを取り揃え、生まれた後すくすくと成長するにつれて着るものも変わり生活環境もふさわしいものに変えていきますね。会社という法人も、設立時には定款等の書類を作成するなど法律に基づいた準備をし、設立後も成長・発展・環境変化に応じて定款を変更したり、社内規程を作成・整備したり、それを役員や従業員の方々に理解・浸透していただく必要があります。大企業は別にして、多くの中小企業の社長さんたちは本業に忙しく、会社の成長・発展に応じた定款や各種規程の作成整備やそれを社内に理解・浸透させる労力や時間が少ないのが現状だと思います。それらに対するご支援・ご協力も私の役割だと思っています。私は事務所を開業する前、約24年間サラリーマンの経験があり、主に接客業務や人事労務、フランチャイズ加盟会社の経営支援等の業務に携わっていました。特に人事労務時代には採用面接や社員研修などを行いました。そういった経験を活かし、例えば研修制度がまだ確立していない設立したばかりの会社の社員研修のお手伝いなど、行政書士以外の業務に関しても私にできることもご支援させて頂いております。私に解決できないお悩みでも他の方をご紹介するなど、経営者の方の相談窓口のような存在でありたいと思いますね。

Q.営業エリアや、営業時間をお聞かせ下さい。

A.主な営業エリアは東京都、神奈川県、埼玉県、山梨県、静岡、千葉県といった関東になります。それ以外の地域でもご依頼いただければ全国に出張しています。営業時間については平日の9:00~19:00を基本としています。それ以外の時間や土日祝日に関しても事前に連絡をいただければ対応させていただきます。

相模原市 行政書士 石田法務事務所の石田勝久先生を取材!! 写真2

Q.お仕事に対して特に大切にしていらっしゃることは何ですか?

A.お客様と直接お会いして会話をすることですね。電話やメールは便利な道具ではあるけれども、それだけでは相手を理解できないし、自分のことも理解してもらえません。直接お会いしてコミュニケーションをとっていく中で、電話やメールだけではできないご提案だったりご質問だったりをすることができます。

Q.このご職業をどういった経緯でご選択されたのですか?

A.学生時代に行政書士の資格を取得しましたが、すぐに行政書士になるつもりはなく社会経験のため一般企業に就職しました。20年以上におよぶ接客や人事の経験後、フランチャイズ本部に配属され、会社設立や経営のノウハウのサポートなどを行っておりました。仕事を続けているうちにふと自分が行政書士の資格を持っていることに気づき、一つの会社の中でフランチャイズになられる方のみをサポートするよりも、もっともっといろいろな会社のお役に立ちたいと思い行政書士事務所を開業しようと決意いたしました。

Q.今後の指針等ございましたらお聞かせください。

A. 私がしようとしている行政書士の仕事は「対人サービス業」なんです。そのためお手伝いすることを行政書士業務だけに制限したくないと考えています。例えば洋服屋さんでも、飾ってある洋服を買うときに商品自体も重要ですが、店員さんとお話したりアドバイスしてもらったりすることで買う気になりますよね。つまり買ったものは商品だけではなく、お店の雰囲気や店員さんの人柄も含まれていると思うんです。行政書士の仕事でも同じことが言えるのではないかと思います。ただ業務のみをご提供するのではなく、お客様と会話をしていく中で私を信頼していただいて、私ができることをいろいろな角度からご提案・お手伝いさせていただけるようになっていきたいですね。

相模原市 行政書士 石田法務事務所の石田勝久先生を取材!! 写真3

Q.事務所に対してのお気に入りなどはございますか?

A. サラリーマンを辞めて自分で開業しようとしたときに、なかなか踏ん切りがつかなかったんです。その理由の一つに気に入った事務所が見つからないことがありました。今から考えれば飛び出す勇気がなかったんでしょうが、それを言い訳に躊躇していたんです。しかし数ある条件が全て当てはまった現事務所に出会い、開業を決心させてくれました。そのため広さや周囲の環境などとても満足しています。

Q.趣味・最近はまっていることはございますか?

A. エンゼルフィッシュやグッピーなどの熱帯魚を飼育しています。他にも息子たちと川遊びに行くたびに魚を捕まえて持って帰るので、魚がどんどん増えています(笑)。魚の飼育をするきっかけは息子の病気なんです。今はおかげさまで健康に過ごしていますが、その当時は生死の間をさまよったこともありました。それから息子たちに命の尊さを身近に感じてほしくて生き物の飼育を始めました。あとは家族で温泉めぐりやドライブをしています。

Q.最近おもしろかったことは何でしょうか。

A. いろいろな人とお会いできることですね。本当にみなさん分度器で測ると360度個性や考え方が違いますので多士済々の方々とお知り合いになれることは非常に楽しいですし勉強になります。

相模原市 行政書士 石田法務事務所の石田勝久先生を取材!! 写真4

Q.座右の銘、好きな言葉はございますか?

A. 「一期一会」です。出会いというのは非常に低い確率の中で起こるもので、出会えたことは偶然かもしれませんがすごいチャンスだと思うんです。それだけの出会い・チャンスに恵まれた以上は自分のできる限りのことをすることが当たり前なのではないかと思います。人と人との出会いは本当に大事にしていきたいですね。

Q.これから行政書士を目指している方々にメッセージをお願いします。

A. いろいろな考え方があると思いますが、私は全てが一通りこなせるというよりも、なんでもいいので「これに関しては人に負けない」という自分の得意分野を持ってもらいたいと思いますね。私たちの仕事はお客様の泣き顔を笑顔に変えることだと思うんです。何か一つでも得意分野を持っていれば、その分野ではお客様を笑顔にすることができます。それがもし全てを一通りすることはできたとしても得意なものがなければ、笑顔にまでは変えられないかもしれません。苦手なことがあっても、それはその分野が得意な人と一緒にお客様をサポートすることができればいいと思うので、ぜひ自分の得意分野を見つけてください。

Q.このレポートをご覧になっていただいた方へメッセージをお願いします。

A.行政書士業務以外にも総務・人事関係など私にお手伝いできることをサポートさせていただきます。もし何かの形で興味をお持ちいただけるのであれば、ぜひ一度お会いしましょう。

相模原市 行政書士 石田法務事務所の石田勝久先生を取材!! 写真5

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

コメントを投稿

士業ねっとに初めてコメントをする場合は、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがございます。その場合、承認されるまではコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください。

情報の登録