収入証明書不要でカードローンからお金を借りれる?借りるなら消費者金融と銀行カードローンどちらがおすすめ?

カードローン

かなり前の話になりますが平成22年6月18日に貸金業法が変わったことにより審査の厳格化が行われましたが、その後も消費者金融や銀行カードローンから収入証明書不要でお金を借りることは可能です。

消費者金融と銀行カードローンをどちらがおすすめかは何を基準にカードローンを選ぶかによって変わってきます。

消費者金融は即日融資や無利息機関、ATMが豊富などサービス面が充実しています。一方銀行カードローンは消費者金融と比較して金利が低く借りれます。

そこでこの記事では収入証明書不要で借りれるおすすめの消費者金融と銀行カードローンを紹介していきます。

収入証明書不要おすすめ消費者金融

消費者金融
まず収入証明書不要で借入できるおすすめの消費者金融を紹介します。

後でも説明しますが、消費者金融は50万円以下、借入総額100万円以下の場合は原則収入証明書不要となっています。

消費者金融にいいイメージを持っていない人もいるかもしれませんが即日融資も可能で、無利息期間サービスもある消費者金融を借入先として選ぶのもぜんぜんありです。

プロミス

プロミスは4年連続顧客満足度No1となっており、多くの人が利用している消費者金融です。収入証明書は50万円以下、借入総額100万円以下は必要ありません。

自動契約機も充実しており、即日融資も可能、原則24時間365日いつでも振込融資を受けられます。

さらにweb完結、郵送物なし、無利息期間30日、原則在籍確認の電話もありません。

またアプリローンを利用すると、①来店不要・郵送物なし・web完結契約②カード不要!アプリで借入・返済可能③残高・返済日などの確認④毎月の返済、アプリログインでVポイントが貯まるの4つのメリットがあります。

消費者金融を選ぶなら今一番人気があり、サービスも充実しているプロミスはおすすめです。

プロミス
金利 年4.5%~17.8%
限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
収入証明書 原則50万円または借入の総額が100万円を超える場合は必要
(それ以下でも収入証明書が必要になる場合あり)

アコム

大手の消費者金融のアコムは「はじめての方におすすめ」「即日ほしい人向け」「手続きがわかりやすい」の3部門でNo1になっています。

収入証明書が必要となるのはアコムのご利用において50万円を超える、他社を含めたお借入総額が100万円を超える時でそれ以下は原則不要です。

アコムを初めて利用する人は30日間金利0円サービスや最短30分融資も受けることができます。

そしてアコムは振込口座が楽天銀行の場合、24時間最短1分で振込融資が受けられる便利なカードローンです。

アコムはカードローンだけではなく、ACマスターカード(クレジットカード)も取り扱っており最短即日発行が可能です。ショッピング枠を希望する人はアコムを利用するといいかもしれません。

アコム
金利 年3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
収入証明書 原則50万円または借入の総額が100万円を超える場合は必要
(それ以下でも収入証明書が必要になる場合あり)

レイクALSA

レイクALSAはとりあえず審査結果を知りたい人におすすめです。なんと最短15秒で審査結果が表示され確認することができます。

収入証明書はレイクALLSAの限度額が50万円を超える時、またはレイクALSAの限度額と他社の借入総額が100万円を超える時に必要となります。※それ以下でも必要な場合あり

さらにWebなら21時までの契約手続き完了で最短25分融資とすぐにお金が必要という方にも使えるカードローンです。

またレイクALSAの特徴の1つとして2つの無利息期間サービスがあります。①初めての契約ならWebからの申し込みでご契約額1万~200万円まで60日間無利息、②借入額5万円まで180日間無利息の2つです。

そしてレイクALSAは契約手続きもインターネットで行え郵送物なしにできりするなど、他消費者金融にも負けないサービスを誇っています。

レイクALSA
金利 年4.5%~18.0%
限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
収入証明書 原則50万円または借入の総額が100万円を超える場合は必要
(それ以下でも収入証明書が必要になる場合あり)
レイクALSAの無利息注意点・60日間無利息(Web申込み限定)、5万円まで180日間無利息(契約額1万円~200万円まで)、30日間無利息の併用はできません
・新生フィナンシャルで初めて契約いただいた方が対象。60日間無利息はWeb申込みの方で契約額が1~200万円の方のみ
・無利息開始日は契約日の翌日から。借入れ日の翌日からではありません
・契約額が200万円超の方は30日間無利息のみ(30日間無利息は契約額1万円~500万円まで)
・無利息期間中も返済日があります。借入れ後の返済日を確認ください
・返済日はレイクALSAの会員ページ、新生銀行カードローンATMの利用明細書、契約時の書類で確認ください
・無利息期間中に返済が滞った場合、無利息期間が終了となり返済日の翌日以降の遅延損害金及び利息負担となります
・無利息期間終了後は通常金利適用となります
・Web以外(自動契約機や電話)で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できる

SMBCモビット

SMBCモビットは申込~借入まですべてインターネットだけで行えるサービスweb完結を初めて導入しており利便性の高いカードローンです。※web完結に一定条件あり

収入証明書は原則50万円または借入の総額が100万円を超える場合は必要となります。※それ以下でも収入証明書が必要になる場合あり

SMBCモビットは三井住友銀行カードローンのローン契約機から申込、カード発行ができ、三井住友銀行ATMからキャッシングできるためその場で融資を受けられます。

審査時間は最短30分となっており即日融資にも対応しています。web完結・ローン契約機の利用どちらも即日融資を受けられます。即日融資希望で申込が遅くなった場合はローン契約機でカード受け取りがおすすめです。

ただSMBCモビットには他大手消費者金融のように無利息期間サービスがありません。短期間の利用なら別消費者金融を選択するべきかもしれません。

SMBCモビット
金利 年3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
収入証明書 原則50万円または借入の総額が100万円を超える場合は必要
(それ以下でも収入証明書が必要になる場合あり)

アイフル

アイフルは最短25分で融資可能、スマホローンなら郵送物なしで借入できるカードローンです。

収入証明書はアイフルでの限度額が50万円を超える場合、アイフルの利用限度額と他の貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合に必要となります。その他、就業状況確認など審査の過程で必要となる場合もあります。

アイフルは申込時に自宅や勤務先へ確認電話(在籍確認、居住確認)を原則行っていません。ただし審査状況によっては必要となることはあります。

そして最大30日間利息0円サービスやwebで申し込みして完了メールが届いた後にフリーダイヤル0120-337-137へ連絡すると優先的に審査をしてくれるため急ぎの融資を希望する人は試してみましょう。

アイフルはカードローンだけではなく、ファーストプレミアムローン(金利3.0%~9.5%)、SuLaLi(女性専用)、おまとめローン、事業者ローンなどの商品を取り扱っています。

アイフル
金利 年3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
収入証明書 原則50万円または借入の総額が100万円を超える場合は必要
(それ以下でも収入証明書が必要になる場合あり)

収入証明書不要おすすめ銀行カードローン

続いては収入証明書不要で借りれるおすすめ銀行カードローンを紹介します。

銀行は法律で収入証明書が必要となる金額は決められていませんが、自主規制という形で消費者金融と同等の金額で必要となることがほとんどです。

銀行カードローンのイメージ消費者金融よりもいいかもしれません。金利も消費者金融より低く利息も抑えられますが、その分審査は厳しいと言われています。

そしてその銀行の預金口座を持っていないと申し込めない銀行カードローンもありますが、多くは預金口座なし借入できます。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは普通預金口座不要、書類提出・本人確認がWEBで完了する便利なカードローンです。

収入証明書は50万円を超える場合に必要となってくるため、申込金額に注意しないと収入証明書が必要となってしまいます。

金利は1.5%~14.5%と消費者金融と比較しても低くなっています。初めての融資(100万円以下)の場合は14.5%が適用されるのがほとんどです。

三井住友銀行のATM以外にも提携コンビニが利用可能しかも手数料0円だったり、ローン契約機のある数少ない銀行カードローンで便利です。

3大メガバンクの1つというのも安心して利用できるのでおすすめです。

三井住友銀行カードローン
金利 年1.5%~14.5%
限度額 10万円~800万円
即日融資 ×
収入証明書 申込金額が50万円超は必要

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)は三菱UFJ銀行に預金口座がなくて利用可能で24時間webからいつでも申込できます。

収入証明書は50万円を超える限度額を申込する時に必要となるため、収入証明書不要希望なら申込金額には注意をしましょう。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)はテレビ窓口があり、そこでカードを受け取りすることで郵送物なしとなり借りバレを防げます。

金利も1.8%~14.6%と低く、メガバンクの1つでもある銀行のカードローンのバンクイックはおすすめです。

バンクイック
金利 年1.8%~14.6%
限度額 10万円~500万円
即日融資 ×
収入証明書 利用限度額50万円超をご希望の場合は必要

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)

楽天銀行スーパーローンは楽天会員ランクに応じて審査が優遇されたり、楽天銀行の口座を返済口座に設定すれば会員ステージが1つアップするため楽天会員にはおすすめです。

収入証明書は利用限度額が50万円以下の場合、収入証明書の提出は原則不要ですがそれ以下でも必要となるケースもあります。

楽天銀行スーパーローンはキャンペーンを時々行っており、2022/7/25現在は金利半額キャンペーンを実施しています。

また楽天銀行スーパーローンは全国のATM・パソコン・スマートフォンで24時間365日いつでもご利用可能で非常に便利です。

楽天会員でなくても利用できますが、楽天銀行スーパーローンは楽天会員には特におすすめです。

楽天スーパーローン
金利 年1.9%~14.5%
限度額 10万円~800万円
即日融資 ×
収入証明書 ご利用限度額が50万円以下の場合、収入証明書の提出は原則不要

収入証明書不要で消費者金融から借りられる金額は決まってる?

消費者金融が収入証明書不要で貸せる金額は法律(貸金業法)で決まっているため、一定金額以上になる金額の借入をするには収入証明書が必要となります。

貸金業法では①1つの貸金業者から50万円を超える借入を行う場合他社の貸金業者を含めた借入の総額が100万円を超える借入行う場合は収入証明書が必要となっています。

つまりそれ以下の金額(①1社から50万円以下②他社からの借入総額100万円以下)の借入をする場合であれば原則収入証明書は不要と借入できるということです。

例えば1社から100万円の借入をする場合が収入証明書は必要、2社から50万円ずつ借入する場合は収入証明書は不要ということになります。

消費者金融へネットなどから申込をするときに借入希望額を入力することになりますが、収入証明書不要で借入なら50万円以下または他社借入があるなら100万円を超えない金額を入力しましょう

消費者金融などの貸金業者は法律で決まっており上記金額以上を収入の調査なしで貸し付けると罰則があるため、絶対提出するように求めてきます。

また総量規制において借入できる総額の上限が決められており、年収の1/3までとなっています。100万円借りるためには年収300万円以上(総額)が必要となります。

貸金業法改正以前は年収の調査がしっかり行われていなかったり、年収に見合わない過剰貸し付けが行われており社会問題となっていました。

総量規制について
  • 銀行などの金融機関やコンビニATMと提携していないため借入や返済の利便性が悪い
  • 銀行営業時間外の振込融資ができない
  • アプリやWEBで出来る手続きがない
  • 自宅郵送物なしや電話での在籍確認なしが基本的には不可

消費者金融から年収1/3以上でも借りれるおまとめローン

消費者金融から原則年収の1/3を超える借入はできません。

ただおまとめローンのように債務者に有利になるような貸付については認められています。

おまとめローンとは他社で借入をまとめて金利や毎月の返済額を下げていくローンです。おまとめローンは通常カードローンとは別に商品があり追加融資は受けられず返済のみとなっています。

その他の例外貸付には専業主婦(夫)でも収入のある配偶者の了承を得られれば融資を受けられる配偶者貸付なども認められています。

総量規制対象外の銀行カードローンは収入証明書不要で借りれる

消費者金融は貸金業者に該当するため、収入証明書の必要と貸付金額や貸付できる総額に制限がありますが、銀行カードローンは総量規制対象外であるため消費者金融のような制限はありません。

つまり収入証明書が必要になる金額は銀行が決めることになるため、銀行カードローンによって収入証明書不要で借入できる金額は違ってきます

とはいえ多くの銀行カードローンは自主規制という形で消費者金融と同じく50万円を超える金額の場合は収入証明書が必要となっています。

つまり銀行カードローンと消費者金融から収入証明書不要で借入できる金額はほとんど変わりません。

以前は銀行カードローンから収入証明書不要でもっと借りれた?

先ほど説明したように銀行カードローンは消費者金融と同等の金額で収入証明書が必要となります。

ただ以前100万円以上の借入でも収入証明書不要で借入できたり、年収1/3以上の借入ができていました。

そのため消費者金融の次は銀行カードローンの過剰貸し付けが社会問題化され、銀行カードローンも消費者金融と同等の金額で収入証明書が必要となりました。

収入証明書がカードローンで必要な理由は返済能力調査

年収の1/3までしか貸付できない総量規制によって消費者金融は年収を把握する必要になりました。収入証明書を取得する理由は相手の返済能力の調査です。

先ほども述べた通り以前はこの返済能力調査もしっかり行わず、相手の申告のみで貸付を行ったことにより返済能力以上の借入となってしまい返済不能や自己破産などが増えてしまったのです。それを法律で年収1/3までと決めたことできっちり調査を行うようになったのです。

お金を借りたい人は虚偽の年収を申告してしまうことも多かったため、一定額以上借入で収入証明書提出が必要となりました。

多重債務者が消費者金融から借入できなくなったことにより、闇金業者に手を出さないようにするために銀行カードローンが消費者金融の受け皿となりました。

収入証明書の種類

給与明細画像

収入証明書の種類
  1. 源泉徴収票(直近の期間に係るもの)
  2. 支払調書(直近の期間に係るもの)
  3. 給与の支払明細書(直近の2か月分以上(地方税額の記載があれば1か月分)のもの)
  4. 確定申告書(直近の期間に係るもの)
  5. 青色申告決算書(直近の期間に係るもの)
  6. 収支内訳書(直近の期間に係るもの)
  7. 納税通知書(直近の期間に係るもの)
  8. 納税証明書(直近の期間に係るもの)
  9. 所得証明書(直近の期間に係るもの)
  10. 年金証書
  11. 年金通知書(直近の期間に係るもの)

※上記④から⑨の書類については、複数年分の事業所得を用いて年収を算出する場合には、その複数年分の書類が必要となります。
引用:日本貸金業協会

収入証明書不要で即日融資なら消費者金融

収入証明書不要で借入するメリットの1つとして融資までの時間が短く即日融資そ受けやすいということです。

消費者金融の審査時間が短く申込~融資まで30分かからないこともあります。アイフルならweb申込で最短25分融資と謳っています。

ただ収入証明が必要な場合、用意するのに時間がかかってしまうこともありますが、不要のカードローンなら身分証のみ用意するだけでいいため、すぐに融資が受けられます。

一方銀行カードローンは審査で反社へ融資防止のため警察庁のデータベースに照会が義務化されており、それに時間がかかるため即日融資は受けられません。

収入証明書不要で即日融資を受けるなら消費者金融に申込しましょう。

収入証明書不要で低金利なら銀行カードローン

カードローンを選ぶ時にチェックするのが金利の高さです。金利を抑えたいなら銀行カードローンを選択しましょう。

消費者金融の上限金利は18%が多くなっているの対して銀行カードローンの上限金利15%以下が多くなっており3%の違いがあります。

下限金利(一番低い金利)はそこまで差はありませんが、初めての融資や収入証明書不要での借り入れは上限金利が適用されるのがほとんどです。

ただ短期間の利用と考えているなら消費者金融の無利息期間サービスを利用すると利息を抑えることができます。

カードローン 金利
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
楽天銀行カードローン 1.9%~14.5%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%

消費者金融でも低金利「J.Score(ジェイスコア)」

消費者金融は基本的に銀行カードローンより高い金利になりますが、ソフトバンクとみずほ銀行が共同出資した作られたJ.Score(ジェイスコア)なら他消費者金融と比較して低く借りれます。

金利が0.8%~15.0%と低いだけではなく、最短即日融資にも対応しているので非常におすすめです。

簡単な質問答えて行くだけで先進的なAI技術であなたの可能性をスコア化して融資金額や金利が決まります。

さらにあなたの性格やライフスタイル、情報連携先からのお取引情報など、さまざまな情報を提供すればするほどAIの分析精度が高まることによりスコアアップする可能性があります。

J.Score(ジェイスコア)
金利 年0.8%~15.0%
限度額 最大1000万円
審査時間 最短30分
収入証明書 原則50万円または借入の総額が100万円を超える場合は必要
(それ以下でも収入証明書が必要になる場合あり)

収入証明書不要でクレジットカードは作れる?

カードローンは上記のように一定額までなら収入証明書不要で使えますが、クレジットカードについても気になるはずです。

クレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠に別れています。ショッピング枠は割賦販売法が適用され、キャッシング枠は貸金業法が適用されます。

割賦販売法では収入証明書が必要となる金額については規定はありませんが、既に述べたように貸金業法については消費者金融のように収入証明書が必要となる金額が決まっています。

収入証明書不要でクレジットカードを作るならショッピング枠のみ利用することをおすすめします。

アコムのACマスターカード


消費者金融のアコムには通常のカードローン以外にもACマスターカード(クレジットカード)があるため、カードローンにクレカ機能を付けたい人にはおすすめです。

ACマスターカードは年会費無料、日本だけではなく世界中のMasterCardの加盟店で利用できます。

また自動契約機を利用すると最短即日発行も可能となるため、急いでいる人やカードが送られては困る人にもおすすめです。※一部発行できない自動契約もあります

さらに手元にカードがなくてもアプリでバーチャルカードも発行できるため、それを使ってインターネットでの買い物もできたり非常に便利です。

ACマスターカードの使える上限金額は、「カードローン契約極度額」または「ショッピングご利用限度額」のどちらか高いほうの金額となっています。

ACマスターカード(クレジットカード)
ご利用限度額 10万円~300万円
手数料率
(実質年率)
10.0%~14.6%
返済方式 定率リボルビング方式
各回の支払期日 35日ごとの支払・毎月支払(口座振替・口座振替以外)
弁済の算定方法 利用金額の3.0%以上、利用金額の2.5%以上、利用金額の2.0%以上、利用金額の1.5%以上。
各々千円単位
弁済金の算定例 手数料率(実質年率)14.60%、
リボルビング残高10万円、利用日数30日、支払金額3千円の場合

内訳
手数料充当額 10万円×0.146÷365日×30日=1,200円
リボルビング残高充当額 3,000円-1,200円=1,800円

収入証明書不要の金額でも必要となるケース

カードローン会社の収入証明書不要となる金額の申し込みをしても例外的に収入証明書の提出を求められることがあります。

そこでどんな人が収入証明書不要の条件を満たしているのに必要となるのかを解説します。

あくまで可能性があるということですが、該当する人は一応収入証明書が用意できるか確認しておいた方がいいでしょう。

収入証明書不要の金額でも必要となる人
  • 申告の収入が嘘っぽい
  • 個人事業主
  • 収入の不安定そうな職業

申告の収入が嘘っぽい

職種や勤続年数などから考えられる収入よりも多く申告していると考えられるケースは必要となる可能性があります。

消費者金融は多くの審査を行っており職種や勤続年数などからおおよその収入がわかるため多く申告してもバレる可能性があります。

銀行カードローンの審査は銀行ではなく保証会社(プロミスなどの消費者金融など)が行っているためわかってしまうのです。

個人事業主

個人事業主は正社員のサラリーマンなどと比較すると、申込金額に関係なく提出を求められる可能性が高いです。

カードローンの審査では安定した収入が求められますが、個人事業主は一時的に収入が多くても安定し続けているかはわからないからです。

ましてやカードローンに申込をするということは事業がうまくいっていないなどのマイナスなイメージもついてしまうのです。

そして無職でも個人事業主(屋号なし)を名乗ることもできてしまうため、念のため必要と判断されることが多いです。

個人事業主の収入証明書

  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 所得証明書
  • 納税証明書(税務署発行のもの)
  • 収支内訳書

収入の不安定そうな職業

返済を続けて行くには安定した収入が必要となるため、不安定そうな職業や雇用形態なども必要となる場合があります。

例えばアルバイトやパートはシフトによって収入が変わったり、水商売などの収入も安定しているとは言えません。

収入証明書不要のカードローンについてのまとめ

消費者金融や銀行カードローンは収入証明書不要で借入することはできます。

ただ借りれる金額には限度があり、基本的に50万円を超える借入すると収入証明書が必要となり消費者金融は借入総額100万円超の場合に必要となってきます。

そのため収入証明書不要で借入するために一番大事なことは必要以上の金額を望まず50万円以下の申込に抑えることです。

即日融資なら消費者金融、低金利なら銀行カードローンも覚えておきたいポイントの1つです。

収入証明書不要で借りれるおすすめ消費者金融
  • プロミス
  • アコム
  • レイクALSA
  • モビット
  • アイフル
収入証明書不要で借りれるおすすめ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)
  • 楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)

#収入証明書不要 #収入証明書不要カードローン #収入証明書不要消費者金融

タイトルとURLをコピーしました