士業ねっと! マイナンバー対応、助成金・補助金などの資金調達の各種相談、各種顧問料の見直しなどもどうぞお気軽に!

士業ねっと! 全国版

東証一部上場「株式会社フォーバル」のグループ会社が運営しています。

掲載希望の士業者様はこちら

士業ねっと!全国版

士業者検索

サムライレポート

サムライレポート

千代田区 公認会計士 税理士 梅川公認会計士・税理士事務所の梅川貢一郎先生を取材!!

事務所名 梅川公認会計士・税理士事務所
住所 東京都千代田区富士見2-6-12 AMビル2階
最寄り駅 飯田橋駅
電話番号 03-3511-3955
営業時間 AM9:00~PM17:30
事務所詳細 > 事務所紹介ページはこちら
千代田区 公認会計士 税理士 梅川公認会計士・税理士事務所の梅川貢一郎先生を取材!! 写真

Q. 主にどのような業務を中心に行っていますか?

A. 最終的にお客様ご自身が会社の数字を理解、把握し、コントロールできるようにすることです。そのため正確かつ迅速な月次決算を実現することをサポート致します。確実な月次決算を実現するための経理の合理化サービス、経理のアウトソースサービスもメインで行っております。もちろん通常の税務・経理のご相談、経営計画書の作成指導、銀行対策・赤字対策、節税対策も行っております。お客様の永続的な繁栄を税務・会計面からサポート致します。私たち事務所のキャッチフレーズは、「10億円を目指すための会計事務所」です。売上が5億円の会社は10億円を狙えるように、30億円の会社は、50億円を狙えるように、会社の経営を会計面からサポートすることが私たちの役割であると思っています。

Q.営業エリアや、営業時間をお聞かせください。

A. 営業エリアは、首都圏及びその近県です。営業時間は、午前9時半から午後5時半までとさせていただいております。

千代田区 公認会計士 税理士 梅川公認会計士・税理士事務所の梅川貢一郎先生を取材!! 写真

Q.お仕事に対して特に大切にしていらっしゃることは何ですか?

A. 行った仕事が本当にお客様のためになっているかどうかということです。私たちは、税務署の職員ではありませんし、単なる決算書作成業者でもありません。私たちの行う仕事のひとつひとつが意味を持つように、そしてお客様の利益となって、お客様から喜んでいただけるようにすることが大切であると考えています。

Q.このご職業をどういった経緯でご選択されたのですか?

A. 銀行員時代の経験からです。かつて銀行員時代にはお客様の社長様から様々な経営上のご相談をいただきましたが、当時の自分にできることは本当に限られたことでした。専門的な知識をもって真に会社経営のサポートを行いたいと思い会計士という職業を選択しました。

Q.今後の指針等がございましたらお聞かせください。

A. お客様の永続的な繁栄を望むことが、実は、私たち事務所の繁栄にもつながります。正直私たちの事務所も売上10億円を目指したいと考えています。それも私たちがお客様に利益をもたらし、それによってお客様の支持が得られればこそ可能であると考えています。

千代田区 公認会計士 税理士 梅川公認会計士・税理士事務所の梅川貢一郎先生を取材!! 写真

Q.事務所に対してのお気に入りなどはございますか?

A. 自画自賛ですが、私たちのスタッフが私の自慢です。自分で納得するまでとことん突き詰めて仕事をしています。お客様の喜びを自らの喜びとするようなスタッフたちです。

Q.趣味・最近はまっていることはございますか?

A. ジョギングです。毎朝近くの公園を2,30分ジョギングしています。もちろん健康を思ってのことですが、毎朝すっきりした気分で仕事を始められるのがいいですね。

Q.最近おもしろかったこと、感じたことは何でしょうか。

A. 世の中起こることは、必要、必然、ベスト。神様の考えることに無駄はありませんね。原因があり、結果があります。一見特別と思えるようなことでも長い目で見ると当たり前だったりします。抽象的な意見で恐縮ですが、世の中の真理を感じています。

千代田区 公認会計士 税理士 梅川公認会計士・税理士事務所の梅川貢一郎先生を取材!! 写真

Q.座右の銘、好きな言葉はございますか?

A. 「本当に困ったことは起こらない。」本質的に解決できないことは起こりえません。もちろんトラブル、腹立たしい出来事は毎日のように起こります。しかし、悩み、立ち止まっていては停滞して先に進むことはできません。どんなにショッキングな出来事でも、あとから見返せば解決できていますし、実は大したことではないことがほとんどです。余計な悩みは持たないようにしています。

Q.これから税理士を目指している方々にメッセージをお願いします。

A. 月並みな意見かもしれませんが、士業は楽ではありません。というよりもはっきりいって厳しいです。競争は日々激しくなり、負担すべき責任は重くなる一方です。かなりハードな仕事ですが、もちろんそれなりにやりがいがあります。厳しさを承知で敢えてチャレンジするのであれば応援を惜しみません。

Q.このレポートをご覧になっていただいた方へメッセージをお願いします。

A. 会計は守り、あるいは事後的な作業と思われがちですが、使い方によっては攻めのための有効な武器にもなります。いわゆる戦略的な会計です。これを有効活用しない手はありません。一人でも多くの経営者の方にそのことを知っていただきたいと考えております。

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

コメントを投稿

士業ねっとに初めてコメントをする場合は、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがございます。その場合、承認されるまではコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください。

情報の登録