士業ねっと! マイナンバー対応、助成金・補助金などの資金調達の各種相談、各種顧問料の見直しなどもどうぞお気軽に!

士業ねっと! 全国版

東証一部上場「株式会社フォーバル」のグループ会社が運営しています。

掲載希望の士業者様はこちら

士業ねっと!全国版

士業者検索

サムライレポート

サムライレポート

杉並区 さとう行政書士事務所の佐藤正文先生を取材!!

事務所名 さとう行政書士事務所
住所 東京都杉並区高円寺南4-27-7
最寄り駅 高円寺駅
電話番号 03-6657-8193
営業時間 9:00~18:00
事務所詳細 > 事務所紹介ページはこちら
杉並区 さとう行政書士事務所の佐藤正文先生を取材!! 写真

Q.業務内容にも様々な分野があると思うのですが、主にどのような分野に力を入れていらっしゃるのですか?

A.主に外国人業務を取り扱っています。具体的には、転職、就職、永住、定住、結婚、永住、外国人の日本への呼び寄せ伴うビザ取得やビザ更新等です。また、外国人雇用、対日投資、不法滞在(オーバーステイ)、帰化、国籍取得なども行っています。

Q.営業エリアや、営業時間をお聞かせください。

A.東京、神奈川、埼玉、千葉、など首都圏を中心に行っています。、その他日本全国、海外(外国)からのご依頼、ご相談もお受けします。基本的には9時から18時までで、日曜はお休みを頂いておりますが、お急ぎの場合などは時間外でも日曜日でも対応します。

杉並区 さとう行政書士事務所の佐藤正文先生を取材!! 写真

Q.お仕事に対して特に大切にしていらっしゃることは何ですか?

A.業務の一つ一つをきちんと誠実に行う事ですね。よく、自分の処理能力の限界を越えても、ご依頼を受けてしまうケースがありますが、数が多くなると仕事も雑になります。一つ一つの仕事を誠実に行っていき、お客様にご満足いただければ特別なことをしなくても、自然と信頼関係ができます。

Q.お客様に対して心がけていらっしゃることは何ですか?

A.きちんとビザ取得に関しての説明をして、ビザを取得する様にしています。まだ日本に来て日が浅い方々は、間違った知識などを持っている場合もありますので、最初の段階できちんと明確に説明し、食い違いの起こらないよう心がけています。当事務所のお客様は外国の方がメインですので、文化の違い、価値観の違いによって生じるすれ違いにも気を遣いますね。

杉並区 さとう行政書士事務所の佐藤正文先生を取材!! 写真

Q.このご職業をどういった経緯でご選択されたのですか?

A.大学を卒業後、貿易会社に就職しましたが退職してフランスに遊びに行ったりしてその後、勉強をして平成13年に資格を取りまして行政書士として開業していろいろな業務を行いました。最初の3年はほとんど仕事が無くて苦労しましたね。そこで業務を何か一つに特化しないといけないと感じ、外国人の方と関わる仕事をしていきたい!と思い外国人業務を中心にやり始めました。

Q.今後の指針等がございましたらお聞かせください。

A.今後も外国人関係の仕事を中心にサポートしていきます。ビザ以外でも国際結婚した際の遺産相続、国際離婚での親権、お子さんの名前の問題、宗教や学校、離婚に伴うビザも取り替えなければいけないですし、そのような複雑な問題の業務も行っていけるように、人を増やしていきたいですね。

Q.事務所に対してのお気に入りなどは御座いますか。

A.やはり場所ですね。駅から近いですし新宿もすぐ近くですからアクセスもいい所が気に入ってますね。

杉並区 さとう行政書士事務所の佐藤正文先生を取材!! 写真

Q.趣味・最近はまっていることは御座いますか?

A.そうですね、最近はまってるのはカエルくんですね。カエルの玩具といいますか、置物といいますか、気が付くと見てたりしますね。これを見てると心が癒されます。スイッチを入れるとパタパタ動くんです。

Q.最近面白かった事、感じたことは御座いますか。

A.先日、いつものように入管に行ったのですが、外国人の相撲取りの方がビザ延長の手続きをしているのを見かけました。歌手などの方が行くエンターテイナーの受付にいたので、ああ、お相撲さんもエンターテイナーになるのか、と思ったのが面白かったですね。

Q.座右の銘、好きな言葉はございますか?

A.好きな言葉として「一つ一つ丁寧に仕事をする」というのがありますね。仕事だからと言う事ではなくて自分の家族がこの問題で困っていたらと思いながら親身になってひとつ一つ丁寧に誠実に仕事を行っていく様に心がけてます。

Q.これから同じ士業を目指している方々にメッセージをお願いします。

A.独立して自営ですと責任が全て自分自身にきます。サラリーマンとは180度違って自営の場合は完全出来高制です。行政書士を1年間やっても、サラリーマン時代の発想を抜け出せずにいると、行政書士として仕事を続けるのは難しい気がします。いかにお客様のニーズを把握するかがとても大事です。

Q.このレポートをご覧になっていただいた方へメッセージをお願いします。

A.お客様に対して、誠実にきちんと対応させていただいておりますので、このレポートを読んで何か一つでも感じて頂けたら嬉しいです。

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

コメントを投稿

士業ねっとに初めてコメントをする場合は、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがございます。その場合、承認されるまではコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください。

情報の登録