士業ねっと! マイナンバー対応、助成金・補助金などの資金調達の各種相談、各種顧問料の見直しなどもどうぞお気軽に!

士業ねっと! 全国版

東証プライム「株式会社フォーバル」のグループ会社が運営しています。

掲載希望の士業者様はこちら

士業ねっと!全国版

士業者検索

サムライレポート

サムライレポート

千代田区 公認会計士 税理士 株式会社アカウンタックスの山口真導先生を取材!!

事務所名 株式会社アカウンタックス
住所 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4丁目8番地4号 第二プレシーザビル3階
最寄り駅 JR中央・総武線、東京メトロ有楽町線・南北線・東西線・大江戸線「飯田橋」駅A4出口より徒歩1分
電話番号 03-3237-1311
営業時間 9:00~18:00(土日祝日休み 時間外対応あり)
事務所詳細 > 事務所紹介ページはこちら
千代田区 公認会計士 税理士 株式会社アカウンタックスの山口真導先生を取材!! 写真

Q.普段は主にどのような業務を中心に行っていらっしゃるのですか?

A.ベンチャー企業や将来株式を上場したいと考えている企業様に対する、経理業務の改善提案や実務支援を中心に行っています。

Q.営業時間や営業エリアをお聞かせください。

A.営業エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉といった関東近県が主となります。また、名古屋にも支社があるので名古屋、岐阜、大阪でも業務を行っています。営業時間は9:00~18:00で土日祝日は休みとしていますが、携帯電話の番号をお客様にお伝えして、時間外でも臨機応変に対応できるように心がけています。

Q.お仕事に関して大切にしていらっしゃることはございますか?

A.納期やクオリティについてお客様との約束をしっかり守ることを大事にしています。約束を守ることが、お客様の信頼に繋がると考えています。

Q.お客様に対して大切にしていらっしゃることはございますか?

A.お客様の期待に応えることです。一方的に「会計事務所はこう」という考えではなく、お客様がこうあって欲しいという理想に近づく会計事務所でありたいと思っています。

千代田区 公認会計士 税理士 株式会社アカウンタックスの山口真導先生を取材!! 写真

Q.この職業をご選択された経緯をお聞かせください。

A.実家がお寺なのですが、幸い二人の兄が継いでくれたので、私は好きなことをさせてもらっています。どうせ好きな仕事が選べるのであれば、実家の仕事の正反対の仕事がしたいと思ってこの仕事を選びました。住職の仕事は「心の仕事」だと思うのですが、会計士の仕事は「資本(お金)の仕事」だと思っての選択です。

Q.今後の指針等がございましたらお聞かせください。

A.お客様は、会計・税務は難しい、だから会計事務所の仕事はよく解らないとお考えだと思います。したがって、お客様に「良い会計事務所だね」と思って頂くには、お客様に判りやすい他社との違いを鮮明にする必要があると考えています。また、そうした違いが明確になったときに、初めて、お客様の不満と不安が顕在化すると考えています。その時に、お客様ご自身の意思で満足と安心を得るために「選択して頂ける」会計事務所になりたいと考えています。そして、その具体的な施策として、オリジナルなソフトウェアの開発に取り組んでいます。

Q.事務所の中のお気に入りがございましたらお聞かせください。

A.この事務所に入ったときに頂いた招き猫です。優秀なスタッフが入ってきたのも、お客様に恵まれているのもこの招き猫の力添えがあるに違いないと考えています。

千代田区 公認会計士 税理士 株式会社アカウンタックスの山口真導先生を取材!! 写真

Q.趣味や最近はまっていることがございましたらお聞かせください。

A.最近はソフトウェアの開発もあり、ほとんど時間が確保できないのですが、ゴルフやドライブが好きです。そういう状況で一番助けになっているのは子供の存在ですね。毎朝子供をベビーカーに乗せて保育園に送ってから事務所に出社しています。相当な親バカなので社員が迷惑しているのではないかと少し心配です。

Q.最近うれしかったことはございますか?

A.最近、各方面で開発中のソフトウェアのことを高く評価して頂いており、それが一番うれしいですね。先日、著名なベンチャーキャピタリストの方に褒められた時には、うれしくて照れまくってしまいましたよ。

Q.座右の銘や好きな言葉はございますか。

A.長くてすいませんが、「幸せの秘訣は何をしたいかではなく、しなければならないことを好きになることの中にある」です。以前、仕事で失敗して遠方まで出張しなければならないことがあったのですが、その際に通りすがったお寺の門前に書いてあった言葉です。例えば、先ほどお話したソフトウェアの開発は、非常に根気がいる仕事ですので、つい魔がさして、時々、会計士である私がする仕事なのか?と自問自答することがあります。ソフトウェアを開発しなくても仕事はあるじゃないかと。しかし、これを開発することで、より多くの方に、私が考えている「経理のあるべき方法」を安価に提供できると考え、これを毎日遅くまでコツコツと続けているおかげで、それに共鳴する社員やサポートしてくださる方が増え、そして時には評価して頂けるという喜びを味わうことができるわけです。このように自分がしなくてはならないことを見つけて、それを好きになることができれば、それ以上の幸せはないと思います。この言葉は、私の一生のテーマになると思っています。

千代田区 公認会計士 税理士 株式会社アカウンタックスの山口真導先生を取材!! 写真

Q.今後、会計士を職業として目指している方々へ一言お願いいたします。

A.会計士を目指している方は、まずは普通に監査法人への就職を考える方が多いと思います。確かに監査法人は高度な経験を積める素晴らしい職場だと思います。一方で、私のように監査の反対側で活動する会計士もどんどん増えています。私はこれを勝手に会計士2.0と言っています。監査法人ではなく、会計士2.0を目指して活躍する方がもっと増えると、監査をする側と受ける側のパワーバランスが拮抗して、最近の慎重になりすぎている監査の現場の適正化に繋がるのではないかと考えています。こうした観点で仕事を選んで頂いても良いのではと思います。

Q.このレポートをご覧になっていただいた方へメッセージをお願いします。

A.当事務所は経営者のサポートをする会計事務所です。成長して行く先に何があるのかを理解していますので、早い段階から弊社とお付き合い頂き、どんどん成長していける環境を手に入れて欲しいと思います。

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

コメントを投稿

士業ねっとに初めてコメントをする場合は、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがございます。その場合、承認されるまではコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください。

情報の登録