トップページ
税理士 会計士 行政書士 司法書士 社労士
弁護士 弁理士 中小企業診断士 経営コンサルタント 保険代理店
HOME > 司法書士 > 高橋司法書士事務所 > ブログ > 借地借家等の問題(18)

« 借地借家等の問題(17) | メイン | 土地建物の売買の問題(1) »

借地借家等の問題(18)

前回に続き、生活におけるちょっとした疑問点についてQ&A形式で皆様にお届けします。

従って、例えば当初賃料額を10万円と定め、賃料自動改訂特約で契約時から3年後に賃料を10%増額する旨を定めたとしても、契約時から5年後に増減額請求がされた際の当該請求の当否および相当賃料額を判断する際には、直近合意賃料である当初契約時の10万円をもとにして、その合意がされた当初契約時から増減額請求された5年後までの間の諸般の事情を考慮して判断するのであって、特約によって3年後に10%増額された11万円をもとにして増額後から2年間の間の事情だけを考慮するわけではありません。

当方事務所の業務案内
1.不動産登記全般(売買・贈与・相続・担保権抹消・設定ほか)
2.商業登記全般(株式会社設立・役員変更・資本増加減少・解散・社団財団法人・NPO法人・合名、合資、合同会社ほか)
3.相続手続き全般(相続税対策・遺産分割・相続放棄・遺言・遺留分減殺ほか)
4.借金の整理(破産・任意整理・過払い金請求ほか)
5.成年後見業務・任意後見業務
6.裁判手続き
7.裁判所提出書類作成業務

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する[使い方はこちら]

« 借地借家等の問題(17) | メイン | 土地建物の売買の問題(1) »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sigyo.net/mt4/mt-tb.cgi/17044

アーカイブ

このページのトップへ