トップページ
税理士 会計士 行政書士 司法書士 社労士
弁護士 弁理士 中小企業診断士 経営コンサルタント 保険代理店
HOME > 司法書士 > 高橋司法書士事務所 > ブログ > 借地借家等の問題(17)

« 借地借家等の問題(16) | メイン | 借地借家等の問題(18) »

借地借家等の問題(17)

前回に続き、生活におけるちょっとした疑問点についてQ&A形式で皆様にお届けします。

賃料自動改訂特約との関係
借地借家法11条1項、32条1項の地代、賃料増減額請求件の規定は、強行法規であり、賃料自動改訂特約によってその適用を排除することはできないと解釈されています。
そして、同項の規定に基づく増減額請求の当否及び相当賃料額を判断するにあたっては、賃貸借契約の当事者が現実に合意した賃料のうち直近のもの(以下「直近合意賃料」という)をもとにして、同賃料が合意された日以降の同項所定の経済事情の変動等の事情を総合的に考慮すべきであり、賃料自動改訂特約が存在したとしても、前記判断にあたっては、同特約に拘束されることなく、あくまで前記諸般の事情の一つとして、同特約の存在や、同特約が定められるに至った経緯等が考慮の対象となるにすぎません。

当方事務所の業務案内
1.不動産登記全般(売買・贈与・相続・担保権抹消・設定ほか)
2.商業登記全般(株式会社設立・役員変更・資本増加減少・解散・社団財団法人・NPO法人・合名、合資、合同会社ほか)
3.相続手続き全般(相続税対策・遺産分割・相続放棄・遺言・遺留分減殺ほか)
4.借金の整理(破産・任意整理・過払い金請求ほか)
5.成年後見業務・任意後見業務
6.裁判手続き
7.裁判所提出書類作成業務

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する[使い方はこちら]

« 借地借家等の問題(16) | メイン | 借地借家等の問題(18) »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sigyo.net/mt4/mt-tb.cgi/17037

アーカイブ

このページのトップへ