士業ねっと! マイナンバー対応、助成金・補助金などの資金調達の各種相談、各種顧問料の見直しなどもどうぞお気軽に!

士業ねっと! 全国版

東証一部上場「株式会社フォーバル」のグループ会社が運営しています。

掲載希望の士業者様はこちら

士業ねっと!全国版

士業者検索

サムライレポート

サムライレポート

葛飾区 税理士 石山修税理士事務所の石山修先生を取材!!

事務所名 石山修税理士事務所
住所 東京都葛飾区新小岩4-15-1  ウィスタリアパーク104
最寄り駅 JR新小岩駅
電話番号 03-3652-8351
営業時間 月~金:9:00~18:00  土・日・祝日は休み (ご相談により対応可能です。)
事務所詳細 > 事務所紹介ページはこちら
葛飾区 税理士 石山修税理士事務所の石山修先生を取材!! 写真

Q.業務内容にも様々な分野があると思うのですが、主にどのような分野に力を入れていらっしゃるのですか?

A.法人、個人営業者の会計業務(月次決算・記帳代行・給与計算)・税務代理・税務相談・及び決算と申告を中心として行っております。また資産税関係の譲渡、相続、贈与の申告と税務相談並びに新規起業者様のサポートも承っております。お客様自身が常に経営状況を把握するために、月次の決算による経営分析を行い、以後の経営方針を見定めることが極めて大切ですので、毎月1回以上は会社等に伺い経営者様と意思疎通を計ります。又事業を継続している間には、税務調査を受けることがあります。私は、永年国税局、税務署の職場で勤務してまいりました。その経験を十分生かし、経営者のために調査で指摘された事項の相談及びその善後策並びに税務担当者との折衝に力を注ぎます。それが当事務所に強みです。


Q.営業エリアや、営業時間をお聞かせください。

A.東京、神奈川、千葉、埼玉が中心ですが、今はインターネット及びメール通信が発達しておりますので、基本的には地域には拘りません。
 営業時間は9:00~18:00で、休日は土、日、祝日です。然しながらお客様とのご相談で休日においても対応させて頂きます。勿論のこと時間外においてもお客様のご要望にお応えします。

葛飾区 税理士 石山修税理士事務所の石山修先生を取材!! 写真

Q.お仕事に対して特に大切にしていらっしゃることは何ですか?

A. お客様との信頼関係の構築です。細心の注意を払い、かつ、諸問題に対して迅速に対応することです。つまりはフットワーク良く行動することです。又経営者様に言うべきことはきっちりと言わねばなりません。特に後日税務調査で問題となりそうな事柄については、是々非々の考え方で、時には意見が対立する場合があるかと思いますが、企業繁栄の為には苦言も申し上げなければならないと思います。そしてお互いがお互いを信じ合うことだと思います。


Q.この職業をどういった経緯でご選択されたのですか?

A.税務の職場を選択した時点から、退職後は税理士を開業することが私の夢でありました。税理士業は私にとって天職だと思っております。国税局及び税務署で42年間勤務しました。その経験を、顧問先のお客様のために最大限生かしたいと思っております。企業の繁栄は当事務所の成長でもあります。ともに発展、前進したいものです。


Q.今後の指針等がございましたらお聞かせください。

A.経営者様との信頼関係を構築するためにも、月1回以上はお伺いして、月次の決算書等から経営分析を行い、適切な監査を実施してアドバイスをして参ります。又企業の内部けん制のための諸制度の見直しや基礎作りにも尽力したいと思っております。現在当事務所は事務員1名の少数ですが、今後は仕事の質を高めるためにもスタッフも増やしたいと思っております。

葛飾区 税理士 石山修税理士事務所の石山修先生を取材!! 写真

Q.事務所に対してのお気に入りなどはございますか?

A.現在私を入れて2名ですが、こじんまりとした事務所です。効率的であり比較的スペースもあり気に入ってます。将来的にはもっと駅近くの事務所への移転も考えております。


Q.最近面白かったこと・感じたことはございますか?

A.税務の職場を退職してまもないころ、同業の税理士の先輩からゴルフの誘いがあり喜んで参加しました。今まで考えもしなかった土日以外のゴルフを満喫できたことです。又、昼間から堂々とお酒も飲めるし、パチンコ(実際には行ってません。)もできる事など国家公務員倫理法を全く気にすることがないことです。

葛飾区 税理士 石山修税理士事務所の石山修先生を取材!! 写真

Q.趣味・最近はまっていることはございますか?

A. 以前は釣り、登山(ハイキング程度)をよくしましたが、開業間もないことから最近は全然いっておりません。釣りは家内も大賛成です。海釣りで収穫があればなおのことです。(ゴルフは今でもいい顔はしてくれませんが)
 これから機会があれば海釣りにご一緒しませんか? 
 

Q.座右の銘、好きな言葉はございますか?

A. 【禍福は糾える(あざな)縄の如し】です。この意味は禍いと福とは相表裏して変転するもので不幸を嘆いているといつの間に幸福となり、幸福を喜んでいるとまたそれが災いに変わり、廻り廻ることがちょうどより合わせた縄のようであるという意味です。まさに人生そのものであり、会社の経営も又同じことが言えます。苦境の時があってもその後必ずや好転するものと信じて日々精進したいものです。

Q.これから同じ士業を目指している方々にメッセージをお願いします。

A.今は税理士業界も顧客獲得への競争も激しくなっております。今後もこの傾向が続くと思います。何か特化する税目を伸ばし、より多くの経験を積み上げることが大切と思います。


Q.このレポートをご覧になっていただいた方へメッセージをお願いします。


A. 永年税務の職場で培った経験を十分生かし、企業様の財務、税務の諸問題に迅速かつ適正に対応して参ります。特に決算及び適正な税務申告をすることは勿論のこと、税務当局の税務調査は事業を行っている間には一度や二度はあり得ます。私は経営者様のよきパートナーとして、一緒になって指摘事項についての分析及びその善後策ついての相談並びに税務当局との折衝に全精力を投じて対応します。又当事務所は新規に開業される方の支援も重点的に行って参ります。企業様の繁栄は当事務所の成長でもあります。お気軽にご連絡賜りますようお待ち申し上げます。

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

コメントを投稿

士業ねっとに初めてコメントをする場合は、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがございます。その場合、承認されるまではコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください。

情報の登録