士業ねっと! マイナンバー対応、助成金・補助金などの資金調達の各種相談、各種顧問料の見直しなどもどうぞお気軽に!

士業ねっと! 全国版

東証一部上場「株式会社フォーバル」のグループ会社が運営しています。

掲載希望の士業者様はこちら

士業ねっと!全国版

士業者検索

サムライレポート

サムライレポート

渋谷区 土地家屋調査士 内藤登記測量事務所の内藤寛之先生を取材!!

事務所名 内藤登記測量事務所
住所 〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-9-4タワーズ10-501
最寄り駅 京王線「笹塚」より徒歩6分 小田急小田原線「代々木上原」より徒歩13分
電話番号 03-6413-5303
営業時間 9:00~18:00
事務所詳細 > 事務所紹介ページはこちら
渋谷区 土地家屋調査士 内藤登記測量事務所の内藤寛之先生を取材!! 写真

Q.業務内容にも様々な分野があると思うのですが、主にどのような分野に力を入れていらっしゃるのですか?

A.基本的には測量業務なのですが、その中でも確定測量が多いですね。確定測量というのは売買や建築などをする際に、土地の隣地の方に立ち会ってもらって境界を確認してもらい、土地の面積を確認するという業務です。ここを曖昧にしてしまうと争いの引き金となり、ひいては裁判という話にもなりかねません。あとは不動産の表示登記なども行なっております。これからはトラブル対応などにも力を入れていきたいとも思っています。

Q.営業エリアや、営業時間をお聞かせください。

A.現在は都内が中心ですが、ニーズがあればどこにでも行きますよ。平日の9:00~18:00が営業時間で、土日祝日は基本的にお休みをいただいておりますが、隣地の方との立会いをする際は土日でないと都合がつかない方もいらっしゃるので、そういった場合はもちろん対応しています。

Q.お仕事に対して特に大切にしていらっしゃることは何ですか?

A.お客様のニーズに迅速に対応していくことを大切にしております。我々の仕事は正確さが全てです。絶対に間違いがあってはいけない仕事ですので、そこにも細心の注意を払って業務に取り組んでいます。境界に関しては数ミリメートルの違いで揉めることもありますからね。迅速にやっていけばお客様のとの信頼関係も築いていけるのかなと感じています。そこから仕事に繋がる場合も少なくはありませんので。やっぱりお悩みはできる限り早急に解決してあげたいですね。

渋谷区 土地家屋調査士 内藤登記測量事務所の内藤寛之先生を取材!! 写真

Q.このご職業をどういった経緯でご選択されたのですか?

A.最初に興味を持ったきっかけは父が同じ仕事をしていて、それを見ていて大変だけど面白そうだなと単純に思い勉強を始めたことがきっかけですね。あとは、一日中デスクワークという仕事よりも外の仕事も中の仕事もあるという職業が自分に向いていると思ったのがきっかけです。大学卒業後、1年間測量の専門学校に通って測量士補の資格を取り、その後土地家屋調査士と司法書士をやっている事務所に入って土地家屋調査士の資格をとり、10年程勤めた後独立しました。

Q.今後の指針等がございましたらお聞かせください。

A.調査士の中で、境界紛争のADR(裁判外紛争解決)代理権という制度が新しく出来たのですが、その資格を取得しましたのでこれから力を入れていきたい分野ですね。登記業務に関しても取引の形態が複雑になったり多様化していったりしていますので、そういったことにも正確に迅速に対応できるよう勉強していきたいと考えています。私の他にも一人で事務所を構えていらっしゃる調査士の先生がいるので、測量の際には協力してもらいつつやっていますが、将来的には人数も増やしていきたいですね。

渋谷区 土地家屋調査士 内藤登記測量事務所の内藤寛之先生を取材!! 写真

Q.事務所に対してのお気に入りなどは御座いますか。

A.家から近いところですね。自宅から5分くらいなので、終電を気にせず仕事に打ち込めますし何かあったときにもすぐに事務所にかけつけることができます。新宿から一駅で、交通の便もいいので来ていただく際にもご迷惑をおかけしないと思います。内装の面で気に入っているのは窓ですね。大きいので日当たりがいいですよ。事務所内が暗いと気分も落ちてしまいますよね。

Q.趣味・最近はまっていることは御座いますか?

A.フットサルを月に1,2回やっています。学生時代からのなごりで、仲間内を集めてよくやっています。最近はなかなか思い通りに体が動かなくなってきてあまり勝てませんが(笑)対戦相手募集中です。我こそはと思う方はご連絡下さい。オフの日はフットサルか、あとは誰かの家に集まってワイワイお酒を飲んだりしていますね。

Q.最近面白かった事、感じたことは御座いますか。

A.隣地の人と接する上で、色々な方がいるなぁとつくづく思いますね。我々の仕事は文字通り隣り同士の境界を決めるじゃないですか。つまりは境界線を引くわけですよね。お隣さんとはこれからもお隣さんとしてお付き合いしていくわけじゃないですか。できる限り円満にいくように進めてはいるのですが、お客様はいいとしてもお隣の方はいい気はしないですよね。そこが非常にデリケートで難しいところですね。境界をきめておけば何かあったときに絶対プラスになるのですが、人付き合いは理屈ではないとつくづく感じます。また、同じことをやってもそれぞれ違う反応が返ってくるので気をつけなければと思います。

Q.座右の銘、好きな言葉はございますか?

A.「向上心」でしょうか。現状に満足しないで日々何かひとつでも成長するということを意識しながら仕事に臨んでいます。

渋谷区 土地家屋調査士 内藤登記測量事務所の内藤寛之先生を取材!! 写真

Q.これから同じ士業を目指している方々にメッセージをお願いします。

A.調査士試験も難化傾向にあるのですが、頭だけでなく体で覚えなければいけない部分も多いです。法律の知識と測量の技術を併せ持つ土地家屋調査士という資格は、他の士業にはない魅力があるのではないかなと思います。技術を学ぶには、事務所に入って経験を積まれるのが一番だと思います。アルバイトで募集している事務所もあるようなので、是非頑張って調査士を目指してください。

Q.このレポートをご覧になっていただいた方へメッセージをお願いします。

A.他の士業と連帯してお客様のご要望に迅速に沿えるようなトータルサポートも行っております。測量や表示登記に関するご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

コメントを投稿

士業ねっとに初めてコメントをする場合は、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがございます。その場合、承認されるまではコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください。

情報の登録