キャッシング初めてのおすすめはどこ?即日融資などの特徴を全部紹介します!

キャッシングおすすめ カードローン

初めてキャッシングする時、どこが一番おすすめで安全なのか?一番早く借りれる会社は?低金利な会社は?いろいろと考えると思います。

一つだけ言っておきますと、キャッシング適用利率は100万円未満であればどこでも17%~18%でほとんど変わりません。どうしても低金利を優先にしたいのであれば銀行カードローンをおすすめします。

銀行カードローンは適用金利が平均14%~15%となっており、金利だけで見れば一番お得といえるでしょう。

しかし、金利以外の優先度がある場合は銀行カードローンよりもノンバンクでキャッシングしたほうがメリットはかなりあるとも言えます。

例えばどうしても今日中に現金が欲しい場合や審査が早い会社を探している場合。そして何より内緒でキャッシングする時に契約書などの書類を自宅に郵送されず借りたい場合など。

そんな時は銀行カードローンよりもノンバンクの貸金業者の方が希望に沿った借り入れができることが多く、おすすめと言えます。

今回は銀行カードローンとノンバンクの貸金業者で初めて借りるときのおすすめなキャッシング会社を借りる目的ごとに分けてご案内します。厳選して掲載していますので、ここに掲載があるローンはすべておすすめ+誰もが満足するキャッシング先と言えるでしょう。

キャッシングではプロミスがなぜおすすめと言われているのか?

プロミス
キャッシングカードローンでプロミスがおすすめになっているのをよく見ませんか?なぜプロミスが人気なのか?初めてキャッシングする人におすすめできる理由はなんなのか分かりますか?

金利だけ見れば消費者金融なので、決して低金利とは言えません。年4.5%~17.8%は、銀行カードローンに比べればまだまだ高いです。

しかし、キャッシングを利用しようとしている人にとって、金利より重要な選択項目がいくつかあるのです。1つめはどれだけ早く審査して融資をしてくれるのか?いくら低金利でも借りられるのが1週間後では意味がありません。

プロミスではキャッシング・カードローンでもトップクラスの審査スピードで最短審査時間は30分となっています。そして即日融資は原則24時間365日最短10秒で振込が可能!最大のおすすめポイントは、プロミスなら「最短30分で借りられる」と言うことです。

最短30分融資と言うことは、申込み→審査→契約→融資(振込)までの過程が最短1時間になっていますので、今すぐ借りたい人にとっては、金利以上に重要視する項目なのです。

同じ30日間無利息サービスでもプロミスの方がお得!?

プロミスではメールアドレスの登録と、WEB明細利用の登録によって、30日間無利息サービスがあります。無利息はプロミス以外にもアコムやアイフルも行っていますが、プロミスの無利息は「借入日」の翌日から30日間の計算が始まります。

一方、アコムやアイフルでは「契約日の翌日」から無利息期間がスタートとなりますので、仮に契約だけして10日後に借入した場合、アコムでは無利息期間が実質20日間しか無くなってしまうのです。プロミスの場合は借入日翌日からスタートするので、契約してから10日後に借入したとしても、そこから30日間無利息が始まります。

このように同じ30日間無利息でも、プロミスとアコムでは利用者にとって優しいのはプロミスなのです。

プロミスのWEB完結なら自宅への郵送物一切なし

また、プロミスがおすすめと言われている理由は、WEB完結にもあります。今の消費者金融はどこでもWEB上で全て完結できる、WEB完結が主流です。(※対象金融機関は200行以上あります)

WEB完結ならば、契約書のやりとりもインターネット上でできますし、本人確認書類もスマホで写真を撮ってメール送信したり、アプリを使って送信することが可能となっています。

このように非常に便利なWEB完結なのですが、契約書はWEB上で交付できたとしても、カードだけは自宅へ郵送になってしまうのです。

キャッシングする人にとって、一番恐れているのは借入を同居の配偶者や親にばれてしまうことですが、プロミス郵送物なしで借りることは可能なのです。

自宅への郵送物はできる限り無しの方が安心なのは間違いありません。プロミスのWEB完結ならば、返済方法を口座振替にすればカード発行なしを選択することができるので、一切自宅への郵便物を無くすことが可能になっています(後日にカードを発行することもできます)。

カードレス対応のWEB完結はプロミスの大きな特徴と支持される最大の理由となっています。まだまだプロミスのメリットはありますが、今書いた項目だけでもプロミスにした方が良いと考えた人は多いのではないのでしょうか?

プロミスがおすすめされる理由は金利以外の付加価値が非常に便利&借りる側の視点に立ったサービス・商品になっている点だと思われます。

プロミスなら原則24時間365日最短10秒で即日融資が可能

プロミスの即日融資はカードローンの中でスピードNo.1です。プロミスの瞬フリを使えば、原則24時間365日最短10秒で自分の銀行口座にお金が振り込まれます。

アコムは楽天銀行の口座があれば原則24時間最短1分、SMBCモビットは原則24時間最短3分なので、プロミスの即日融資が最も早くなっているのです。

原則24時間365日即日融資が可能と言う事は、夜中だろうが、朝の6時だろうが、土日祝日だろうが、いつでも即日でお金を借りることができるのです。自分の口座に振り込まれた後は、24時間営業しているセブンイレブンに置いてある、セブン銀行のATMよりいつでも出金することができます。

即日融資が原則24時間可能なのは、大手消費者金融のプロミス・アコム・SMBCモビットぐらいしかなく、これがキャッシングの最終形態と言えるほど非常に便利なのです。プロミスがおすすめと言われている理由の大きな要因になっています。

プロミス
プロミス 金利 年4.5%~17.8%
限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分

プロミス公式サイトはこちら>>

個人的にはオリックス銀行カードローンがおすすめ

消費者金融ではプロミスですが、銀行カードローンで考えた場合、管理人はオリックス銀行をおすすめします。

その理由は、銀行カードローンは誰もが知ってる通り審査が厳しいです。低金利で貸付するので、リスクはなるべく抑えるのが当然だからです。なので、多重債務者や収入が少ない人は銀行カードローンの審査は通りにくいでしょう。

それに加えて、2017年は銀行カードローンの過剰貸付が問題となりました。自己破産件数が13年ぶりに増加した原因の一因に銀行カードローンの貸し過ぎがあるのではないか?と言われています。

確かに消費者金融などの貸金業者は2010年の総量規制導入後、貸付残高は一気に下がりました。その代り、銀行カードローンが個人向け融資に積極化したことから、今では消費者金融と銀行カードローンの貸付残高は銀行の方が倍にもなっています。

破産件数が増えたのは、銀行の過剰貸付も多少あったかもしれませんが、他にも過払い請求の底打ちも原因と言われています。どちらにせよ、このような状況なので銀行カードローンの審査は以前よりも格段に厳しくなっていくはずです。

特にメガバンクのみずほ銀行・三菱UFJ銀行、三井住友銀行は審査を厳格化するのは間違いありません。銀行カードローンのメリットは、低金利ばかり注目されがちですが、管理人的には、提携ATM手数料無料なのが最もメリットがあることだと考えています。

コンビニの提携ATM手数料を金利に換算すると超高金利になる?

コンビニATm
今はコンビニにも銀行ATMが設置されたことで、カードローンの返済や借入は非常に便利になりました。セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなどに設置してある銀行ATMはほとんどのカードローンが提携していますが、消費者金融の場合、1回利用するごとにATM手数料が取られてしまいます。

現在、消費者金融の提携ATM手数料は利用金額が1万円以下で110円、1万円を超える場合は220円になっており、一部の普通銀行・ネットバンクを除いて必ず取られます。

この提携ATM手数料は「隠れ金利」と呼ばれていて、使い方によってはカードローンの金利よりも高くなることを知っていますか?

例えば、消費者金融のカードローンから3万円を借り入れると通常、金利が18.0%であるため、1ケ月後(30日後)に返済した場合は440円の利息が掛かります。その3万円をコンビニATMから月初に出金し、月末に入金すると、2回分の手数料として440円(220円×2回)を取られます。利息の443円とほとんど変わりません。

仮に、ATM手数料の440円と利息の443円を足した883円を借入金3万円の1ケ月分の利息と見做すと、その金利は35.5%にもなるのです。コンビニ提携ATMの手数料が「隠れ金利」と呼ばれる所以がここにあります。

提携ATM手数料は入金した時に優先して引かれますので、月に何度も少額を借入している人は、返済した時、思った以上に元金が減らない感じがするのですが、それの原因は提携ATM手数料なのです。

提携ATM手数料が無料な銀行カードローンと、有料な消費者金融では利用する人にとっては、金利以上に重要なポイントになるのは間違いありません。

銀行カードローンでもみずほ銀行は提携ATM時間外手数料・利用手数料・振込手数料(他行宛)は月4回まで無料の制限があったりします。

銀行カードローンで提携ATM台数が多く、「終日」手数料が無料なのは、オリックス銀行カードローンなのです。全国にATM設置台数100,000台以上(2020年3月末現在)、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、西日本シティ銀行、イオン銀行、セブン銀行、ローソン、Enetが終日無料となっています。

都市銀行に加えて、ゆうちょ銀行も手数料無料になっているのがありがたい点です。

そして、先ほど書いたように銀行カードローンの審査がこれから厳しくなっていきます。オリックス銀行は上限金利が17.8%と銀行の中では高い設定になっているのですが、その分、都市銀行カードローンに比べると審査の幅は広く、保証会社もオリックス・クレジット(株)と新生フィナンシャル(株)の2社あることから、どちらかの保証審査に通ればOKなので、申込のハードルは高くありません。

また、一般的な銀行カードローンでは、その銀行の普通預金口座が必要になりますが、オリックス銀行では口座不要で借入ができ、ローンカードを使って提携ATMから入金・出金ができますので、口座開設の手間もかからず、審査もスピーディーです。

上記の点から、管理人は個人的にオリックス銀行をおすすめしています。正直金利は高いのですが、利用してみると満足感はかなり高いはずです。

オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン 金利 年1.7%~17.8%
限度額 最大800万円
審査時間 数日
融資時間 数日

金利重視!低金利で借りる時のおすすめはどこ?

キャッシング金利安い
このページを見ている人は初めて借りる人やまだ1件しかキャッシングを利用していないなど、初心者の方が多いと思います。

キャッシングで重要なのはやはり金利です。誰もが少しでも安い金利で借りたいと思うのは当然で、初めて借りる場合には金利を第一条件で選ぶ人が多いのではないでしょうか?

まず、キャッシングの金利ですが、公式HPを見ても、年4.0%~18.0%などの大まかな金利で表示されていると思います。これは「最低金利」と「最高金利」での表示となっており、はっきり言ってしまえばあまり参考にならない金利なのです。

キャッシング上限金利

なぜならば、左側の最低金利は最高限度額を借りた場合などに適用される金利なので、最高限度額が500万円のキャッシング会社ならば、500万円の限度額の審査を通過しなければなりません。

銀行カードローンでは最高限度額が800万円~1000万円のカードローンも珍しくなく、そのような高額の融資をそもそもキャッシングで借りる人などは極稀です。

そのため、最低金利(下限金利)が低い会社を狙って申込みしても、実際に借りた金利は想像と全く違っていることが良くあります。そうならないためには最低金利を見るのではなく、比較対象として見る金利は、右側の最高金利になるのです。

では、最高金利(上限金利)で見た場合、低金利でおすすめになるキャッシング先の多くは銀行カードローンとなっています。キャッシングで借りる場合には消費者金融、銀行カードローン、クレジット・信販会社のカードローンに主に分かれるのですが、上限金利が低くなっているのは、大抵が銀行カードローンなのです。

キャッシング先 金利
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 年1.5%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%~14.6%
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8%
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5%
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8%
プロミス 年4.5%~17.8%
アコム 年3.0%~18.0%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%
アイフル 年4.5%~18.0%

上の金利表は、有名大手の銀行カードローンや消費者金融、クレジット会社の金利一覧表です。いいですか?金利を見るのは右側の最高金利(上限金利)ですよ?上限金利で比較した場合、金利が15%以下になっているのは、銀行カードローンがほとんどです。

消費者金融で有名なプロミス・アコム・SMBCモビットは全て金利が18.0%近くになっており、つまり100万円未満で借入した場合、消費者金融では15%以下の金利で借りることは非常に難しい(ほとんど不可能)と言えるのです

低金利のおすすめな消費者金融が登場!ジェイスコア

ジェイスコア
2017年から登場した、J.Score (ジェイスコア)は消費者金融でも上限金利が低く人気となっています。

ジェイスコアは、ソフトバンクとみずほ銀行が共同出資して設立した消費者金融会社です。新しい消費者金融を作るとニュースになっていましたが、あくまで貸金業者のため、プロミスやアコムと同じ程度の金利と予想していました。

しかし、蓋を開けてみれば金利は銀行カードローンよりも断然に安い、年0.8%~15.0%で業界に衝撃が走ったのです。※みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。

ジェイスコアの特徴は、最初はメールアドレスの登録から始まります。そしてAIからの質問に答えていくと仮審査結果がすぐに出ます。

また、他のカードローンとは違い、AIスコア・レンディングはカードの発行がありません。契約もWEB完結になることから、自宅には郵送物なしで借りることができます。但し、カードがないことから、借入は全て銀行振込になりますが、平日22:55まで(土曜21:40、日曜16:40)に借入の申込をすれば、原則申込当日にお振込可能となっています。

プロミスやアコムなどはカードを使って提携コンビニATM等からいつでも借入・返済ができますが、AIスコア・レンディングは借入は銀行振込、返済は口座振替(口座引落し)になっているため、利便性の部分で言えば、若干劣っているところがあります。

しかしながら、それをカバーしても有り余るほどの魅力が金利にあります。1ヵ月~3ヵ月程度の短期しか利用しない人なら、プロミス・アコムなどの30日間無利息を利用した方がお得になりますが、長期間利用する人は、銀行カードローンよりも優先して申込することをおすすめします。

銀行カードローンだからと言って低金利ではない?

消費者金融は金利が高いからと言って、安易に銀行カードローンにお申込みするのは、初めての人が失敗する典型的なパターンです。

先ほどの金利表を見てみましょう。銀行カードローンでも消費者金融と同じような金利を取っているところがありませんか?例えば、オリックス銀行カードローンを見てください。オリックス銀行では金利が1.7%~17.8%となっいて、確かに最低金利の1.7%はキャッシングの中でもかなりの低金利です。

しかし、これはSMBCモビットど同様で、最低金は低いのですが、最高金利は17.8%でプロミスと同じになっているのです。上限金利だけを見た場合、オリックス銀行は17.8%なので消費者金融のプロミスと同様に考えた方が無難になるのです。このように、銀行だからと言って必ずしも低金利で借りられる訳ではありません。

ここまで書くと、消費者金融や金利が高い銀行カードローンは何もメリットが無いように思うかもしれませんが、消費者金融には消費者金融のメリット、オリックス銀行にはオリックス銀行のメリットがきちんとあるのです。これは後ほど紹介していきます。今はキャッシングで低金利で借りようと思った場合のおすすめをピックアップしていますので、ここでは金利重視で説明させていただきます。

内緒でキャッシングするならどこに申し込めばいいのか?

キャッシング即日
キャッシングしていることは基本的に誰にも知られたくないことです。特に家族に内緒で借入する場合、借金がバレてしまうと夫婦関係が悪化したり、親からも当然怒られたりします。

日本では根本的に借金に対するイメージが良くありません。キャッシングしてまで買い物したり、飲み代や交際費に使ったりすることは常識から考えるとおかしいと言われてしまうのです。

しかし、そんなことは誰でも分かっていることなのですが生きていれば急に現金が必要になったりすることはあります。自分の欲望が抑えられずに、給料日より前に買い物したい時もあります。なので、内緒で借りられるキャッシング先はとても重要になるのです。

キャッシングがばれてしまう1番の原因は郵送物です。普段からずっと家に居る専業主婦の方なら大丈夫ですが、働いている人だと自宅には日中いません。不在の時に契約書やカードが郵送された場合、本人宛の郵便物でも配偶者や同居家族の人が開封してしまう可能性があり、それが原因で借金がばれてしまうのです。

カードローン会社は原則勤務先に郵送はしてくれませんし、郵便局留めで頼んでも断られます。そのため、内緒で借りたい人なら郵送物が無いキャッシング先を選ぶ必要があるのです。

内緒で借りたい人におすすめなのがSMBCモビットです。SMBCモビットのWEB完結であれば、契約はすべてWEBで完了し、SMBCモビットカードの発行を無しにすれば自宅への郵送物は一切ありません!WEB契約はほとんどのキャッシング会社で対応しているのですが、カード発行だけは、来店で受け取るか、郵送で受け取るかどちらかになっています。そのため来店できない人は必ずカードが郵送されてしまうのです。

SMBCモビットならカード郵送の恐れも無く、手続きはすべてWEB上で完結しますので、安心してお申込みすることができるのです。

金利は3.0%~18.0%となっており、最低金利年3.0%は消費者金融でトップ、限度額も最高800万円で銀行カードローン並の大きさです。消費者金融はプライバシー保護を重要視していますので、SMBCモビットなら内緒で借りるのにうってつけのキャッシング先と言えます。

金利0円!無利息キャッシングならどこがおすすめ?

キャッシングおすすめの選択肢の中には必ず無利息サービスをしているキャッシング先が選ばれます。それは無利息サービスは全ての会社が行っているわけではなく、限られたキャッシング会社しか行っていないからです。

キャッシング会社は融資残高を増やして、顧客が支払う利息が売上となっています。そのため、利息を貰わない無利息サービスはあまりやりたがらないのが本音であり、それほど無利息というのは借りる人にとって大きなメリットとなるのです。

主に無利息サービスをしているのは消費者金融となります。キャッシング初心者の方は金利ばかり気にして無利息に関してはあまり考えていない人がいるのですが、1ヶ月~2か月間(30日~60日間)の短期利用であれば、無利息が付いたキャッシング会社から借りた方が支払う利息は一番少なくなることを知っていますか?

これは銀行・クレジット・信販すべてのカードローンを含めたとしても、2ヶ月以内の利用なら、無利息を利用した方が金利は一番安いことになるのです。例として、低金利ローンの三井住友銀行と、無利息がある アコムの2か月間の発生利息を計算してみます。

【三井住友銀行金利14.5%の2か月間の利息】
借入元金50万円の場合、500,000×0.145÷365×60日=11,917円

【 アコム金利18.0%の2か月間の利息】
借入元金50万円の場合、500,000×0.18÷365×60=14,797円
しかし、※お借入全額30日間無利息を利用すれば、30日間の利息は0円になるので、実質支払う利息は1ヶ月分の7,397円。

上記の計算は60日間の計算になっており、実際は1ヶ月に1度返済がありますので、利息はもう少し少なくなります。これを見ても分かる通り、 アコムが同じ金利18.0%だったとしても、30日間分の利息が0円になるため、三井住友銀行から借りるよりも支払う利息は圧倒的に少なくなるのです。

1か月間なら尚更、無利息が付いているキャッシングなら発生する利息は0円です。これはどこの銀行よりも安く、家族・友人に借りるのと同じ無金利です。

しかも、家族・友人の場合、お金を借りたという事実が残されるのに対し、キャッシング会社ならばそこまで気にする必要がありません。無利息こそ初めてキャッシングする人に注目して欲しいサービスと言えるのです。

クレジットカードのキャッシングはどうなの?

クレジットカードのキャッシング
キャッシングには、カードローンから借りる方法以外に、クレジットカードのキャッシング機能から現金を借りる方法もあります。

カードローンとキャッシングの定義は、昔はカードローンはリボ払い、クレジットカードのキャッシングは翌月に一括払いになっていたため、クレジットカードからキャッシングすると返済が苦しくなるデメリットがありました。

しかし、今はクレジットカードのキャッシングもリボ払いにできるので、カードローンとクレカのキャッシングに違いはありません。では、持っているクレジットカードからキャッシングした方が便利なのか?と言えば、便利さや使いやすさは圧倒的にカードローンの方が上です。

クレジットカードのメイン機能はあくまでショッピングです。キャッシング機能はサブ的な機能となっています。なので、現金を借りることが最優先であれば、カードローンを選ぶべきでしょう。

クレジットカードのキャッシングの金利は15.0%~18.0%になっています。15%であれば、消費者金融よりは金利が低く、銀行カードローンよりは若干高めの金利設定です。JCBのキャッシングは18.0%の金利のところもありますので、消費者金融と同じ金利になっています。

クレジットカード キャッシング金利
三井住友カード(一般) 年15.0%~18.0%
セゾンカード 年12.0%~18.0%
ANAカード 年15.0%~18.0%
イオンカード 年7.8%~18.0%
楽天カード 年18.0%
ニコスカード 年14.94%~17.94%
JCBカード 年15.0%~18.0%
エポスカード 年18.0%
ジャックスカード 年18.0%
ライフカード 年15.0%~18.0%
UCSカード 年18.0%

また、クレカのキャッシングはリボ払いでも返済金額が高めの設定になっています。消費者金融では10万円以下は3,000~4,000円の最低返済額で、50万円でも15,000円程度ですが、クレジットカードでキャッシングすると、10万円以下で5,000円、50万円になると20,000~25,000円の返済額になるカードもあります。

お金借りる場合は安い金利で、返す時は最低返済額は少ない方が絶対的にお得です。これらのことを考えると、やはりクレジットカードのキャッシングよりもカードローンで借りた方がおすすめと言えます。

クレジットカードのキャッシングでおすすめはどこ?

クレジットカードでおすすめを紹介するなら、エポスカードです。エポスカードはマルイ店頭での受け取りを選択すれば、最短当日にカードを受け取ることが可能です。

銀行カードローンが即日融資不可になった今、最短即日で利用できるエポスカードの価値は高いと言えます。その他にも入会するだけで特典が最大5,000円分ポイントキャンペーンもやっており、年会費無料のクレジットカードではかなりお得になっています。

キャッシング初めてのおすすめ会社まとめ

キャッシングで初めてのおすすめ会社を、低金利、即日融資、無利息、おまとめローン、借り換えローンで分けて紹介しました。

キャッシングは借りる人の目的によって、おすすめは変わってきますので、どれが一番満足できるキャッシング先なのか?それは具体的な利用目的や借入期間によって違ってくるのです。

しかしながら、このページで紹介した目的ごとのおすすめは、どこから借りたら良いのか全く分からない、初心者の人であればとても参考になると思います。アドバイスとして言えるのは、低金利と無利息・即日融資は分けて考えた方が良いでしょう。

低金利なキャッシング先はそれだけ審査が厳しく、利息も低いので無利息をしていない場合が多いです。そして金利が商品の重要部分なので、即日融資に関しても早いところはあまりありません。

このことから、低金利で尚且つ無利息、即日融資のオールマイティーなキャッシングは今の現状は無いのです。

自分自身がどの目的を一番重要視をするのか?正直言ってしまえば2%程度の金利はそこまで大きな利息の違いにはなってきません。それよりも提携ATM手数料の方を気にするべきだと思いますし、短期間の借入ならば無利息を気にするべきなのです。くれぐれも最低金利だけを見て申込みするのだけはやめておきましょう。

キャッシング選びで重要なことは自分の目的を知ること

キャッシング先は銀行カードローン、消費者金融、クレジット会社、信販、信用金庫のカードローンなどかなりの種類があり、どれがおすすめなのか決める時に1番重要なのは、その人の目的です。

いくら超低金利なローンがあったとしもて、借りる人の目的が即日融資ならば、即日融資ができないカードローンはおすすめにはなりません。

また、何度も言うように、3ヶ月や5ヶ月の期間しか借りる目的がないのだとしたら、金利が低い銀行カードローンよりも消費者金融の無利息があるカードローンをおすすめします。

文中にも書いてますが、2018年から銀行カードローンは即日融資ができなくなりました。今まで融資を積極的に行ってきた銀行カードローンが2018年以降は審査を厳格化し、貸付残高も抑制していくことが目に見えています。

キャッシングで最もお勧めできる部分は金利と共に、借りれるまでのスピードです。金利は銀行が安いけれど、審査スピードと即日融資は圧倒的に今後消費者金融の方が上回ります。インターネット上でのおすすめカードローンについても今後は銀行から消費者金融への流れになるでしょう。

これらのことから、おすすめをインターネットの情報や他人の口コミ評判で決めるのではなく、まずは自分がどのような目的でキャッシングをするのか?ただ単に期限の定めも無くお金を借りたいならば、銀行カードローンが間違いありません。

しかし、5万円以下の極少額のキャッシングしか必要がないのなら、180日間特典(契約額1万円~200万円まで)になる、レイクALSAで借りるのが1番ベストでしょう。

ポイントやインターネット上の会員サービスの充実を求めるなら消費者金融です。目的とは、どれぐらいの金額で、借りる期間、借りるまでの日数、提携ATM手数料、それらを総合的に考えて自分にあったおすすめを見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました