トップページ
税理士 会計士 行政書士 司法書士 社労士
弁護士 弁理士 中小企業診断士 経営コンサルタント 保険代理店
HOME >「オフィス作り」コンサルタント > 株式会社アイティーネットワークス > ブログ > TBS「みのもんたの朝ズバッ!」

« 士業ねっと!の先生方へ | メイン | 9回目の誕生日を迎えました! »

TBS「みのもんたの朝ズバッ!」

裁判所の天下り先で、『コピーサービス1枚50円!!』

 

Image201.jpg 

  

 こんにちは。アイティーネットワークスの伊藤です。

 昨日の朝のTBSニュース番組「みのもんたの朝ズバッ!」に、(株)アイティーネットワークスのテロップと、アイティーマーケット秋葉原店のコピーサービス機とポップが放送されました。

 

 今、事業仕訳けとか天下りを無くそう!とかやってるじゃないですか。その中で、司法バージョンの無駄!ということで、何でも裁判所の議事録とか裁判資料とかをコピーする仕事を、天下り先に振ってるようで、その金額がコピー1枚50円ですって。コピーって、モノクロで自分でやれば3円くらいだから。(3円とは、キャノンとかの1枚刷ったらいくらって取られるカウンター料金のこと)

 1枚50円というのは、いわゆるコピーサービスのことでしょうが、それでも高すぎます。当社でもセルフで10円、フルサービスでも20円かな?(だから最初の画像に20円って書いてあったのか?)

 

 とまあ、こんな放送をするために、我々にオファーがあり、素材を提供した(取材・撮影に応じた)ということでした。

 

Image203.jpg

 

 連絡があったのが12日(水)で、撮影が行われたのが13日(木)、実際の放送が14日(金)の朝8時ちょうどくらいから・・・(このスピード感とてもすばらしい!)

 それで、実際に放送されたのは『5秒間くらい』ですが。。。(このコピーの話題は15分くらい特集で放送されていたので、意外とメインなニュースだったと思いますが)

 まあ、でもいいかな。テレビに出るのは初めてでしたし!しかもメジャー放送局。

 去年だったかな?日経新聞には出ましたの、これで紙媒体のメジャーと、地上波放送のメジャー両方に出たことになります!我社は!

http://1103.net/2008/03/post_54.html

 

 果たして、気が付いてくれた人はいたのでしょうか?『気が付いたよ!』っていう方いらしたら、ぜひご連絡ください!そういえば、昔(17~18年前)、私、テレビに出て『見たよ!』って言ってくれた人が結構いました。岡三証券時代のころ、JR東日本が上場する!という超ビッグイベントの時。その上場説明会が大手町かどっかのJRの何とか会館(だったと思う)で行われ、私は、岡三証券浅草支店の代表者として聞きに行きました。その説明会が終わり、真っ先に会場を出ると、なんと物凄い数の報道陣と、フラッシュがたかれ、なんとなんと、私伊藤は報道陣にインタビューされてしまった。(当時岡三証券2~3年生社員だった)

 

JR東日本の上場時の公募価格は伊藤が決めた!?

 

取材陣 : すいませ~ん!インタビューさせていただいてもよろしいでしょうか?

伊藤 : こんな私でいいんですか?私、証券会社の人間ですよ!

取材陣 : はい!大丈夫です!株価はいくらくらいになりそうですか?

伊藤 : 36万円(か38万円)くらいじゃないですかね!(何となく思いつきと、事前情報をもとに言ったのだと思います)

 

 これ以外は覚えてません。なんせ、とっさのことと、緊張してしまって、普通覚えてないですよね。

 

 これが、実は日テレのニュースで全国放送されちゃって、お客さんや親せきから『見たよっ!』って連絡もらって。

 『36万円なのか?』っていう人ばっかりでしたね。

 でも、その後の公募入札が36.5万円(50株単位)で、一般公募価格が38万円(1株)になって、『お前が38万円って言ったからだよ!』ってみんなに言われた。

 

 俺が決めたの?JR東日本の上場時の公募価格?

 

 

カラスルくん 全国デビューならず!(泣)

 

 今回は『民間のコピー機の料金』のイメージ素材としての登場でしたが、次は、ビジネスできちんと紹介されるような登場の仕方で!と思います。頑張らなくなっちゃ!

 

Image202.jpg 

 カラスルくんの体しか映っていない・・・(残念)

 

 実際の映像は・・・・許可が取れましたら、アップしようと思います。

 

SEOがもたらしたリアルプロモーションへの導線

 

 最後に、何で当社がTBSの朝ズバッ!取材班から連絡が来たのか(なぜ我社が選ばれたのか・・・)

 

 それは、1つはおそらくSEOだと思います。

 

 『コピーサービス 格安 都内 』  とか

 『格安コピーサービス ショップ 東京』 とか

 で検索されたのだと思います。

 おそらく、我々の店舗(のホームページ)が目に付いたのだと思います。

 

 そして2つ目は、『都内もしくは地域NO.1低価格!』だったからだと思います。

 

 

 でも、なぜコンビニ大手やキンコーズやMBE(メールボックスのチェーン)ではなかったのか?

 それは『謎』です。

 

 コピーのフルサービスが高かったのでしょうね?キンコーズやMBEも50円だったりして(笑)

 これじゃニュースになりませんからね!!(爆笑)

 

 

« 士業ねっと!の先生方へ | メイン | 9回目の誕生日を迎えました! »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sigyo.net/mt4/mt-tb.cgi/10497

カテゴリー

アーカイブ

最近のエントリー

このページのトップへ