トップページ
税理士 会計士 行政書士 司法書士 社労士
弁護士 弁理士 中小企業診断士 経営コンサルタント 保険代理店
HOME > 行政書士 > 清水行政書士事務所 > ブログ > 亡き夫がサラ金に借金していた

« 家具や食器も相続財産になる | メイン | 新車販売台数(11月) »

亡き夫がサラ金に借金していた

行方の知れない夫の死亡の通知を受けたのち、

某サラ金から、夫の借金につき返済の督促を受けた、

このような場合どうしたらよいのでしょうか。

これについて、以下のように母と子の話し合いがありました。

母親 10年ほど前に勝手に家を飛び出して

    行方の知れなかったお父さんが死んだと知らせがあったわ。

    はっきりはわからないけど、サラ金からだいぶ借りていたみたいよ。

    この家も借家だし、お父さんの財産は貯金もほとんどないし、

    お父さんの借金を背負い込むなんてとんでもないわ。

娘  「相続放棄」すれば借金を背負わなくてすむわ。

   相続開始後3ヶ月以内に「相続放棄」を家庭裁判所に申し出れば、

   最初から相続人でないことになるから、

   借金も何も受継ぐことはないわよ。

母 でも、サラ金から何か言われないかしら。

娘 大丈夫よ。サラ金からは何も言われることは無いわよ。

この話についての判例があります。

相続の放棄は、それにより相続債権者に損害を与えることを

目的としていたとしても、権利の濫用とならない。(最判S42.5.30)


この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する[使い方はこちら]

« 家具や食器も相続財産になる | メイン | 新車販売台数(11月) »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sigyo.net/mt4/mt-tb.cgi/15573

アーカイブ

このページのトップへ