トップページ
税理士 会計士 行政書士 司法書士 社労士
弁護士 弁理士 中小企業診断士 経営コンサルタント 保険代理店
HOME > 経営コンサルタント > 株式会社ラック > ブログ > ものづくり補助金の公募要領を読んでわからないところがあれば電話で聞いた方が良い、って本当?

« 平成28年度のものづくり補助金は公募が1回限り、って本当? | メイン | ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金では、社内人件費が対象経費に入らない、って本当? »

ものづくり補助金の公募要領を読んでわからないところがあれば電話で聞いた方が良い、って本当?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ★☆   ものづくり補助金の公募要領を読んでわからないところが ☆★
       ★☆     あれば電話で聞いた方が良い、って本当?    ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ものづくり補助金の限度額最高は3,000万円です。

しかし公募要領を読むと5ページの「最新モデルを用いた設備投資」とは・・・・がよくわかりません。

私は、省エネルギー設備導入補助金【A類型】(最大1億5,000万円)のように「機械工業会等の認定製品でなければ最新モデルとは言わないんですか?」と、ものづくり補助金事務局に電話で聞きました。

すると答えてくれました。
「最新モデルとは、ネット上で製品発表会があったという事実を証明するもの、カタログがあれば大丈夫ですよ」という答えでした。

公募要領を読んでわからないところがあれば、積極的に事務局に電話して聞くことです。

疑問は早く事務局に電話してクリアにしましょう。

━┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┃━

■■平成28年の公募型助成金申請スケジュール診断サービス■■

   ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金の募集が始まり、
   ものづくり一色になりつつあります。が、
   2月からは助成金募集ラッシュです。
   この際、自社が申請できる助成金を探しだし、申請モレがないように
   しておきましょう。
   詳しくはこちらをどうぞ。
   http://www.josei-kin.net/shinsei/

━┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┃━

※私塚原のメルマガバックナンバーこれまで453回配信しています。
助成金ねっとで検索してください。

ラックでは、「経営革新計画」、「公募型助成金」の相談をお受け致します。
相談ご希望の方は、ホームページで助成金内容をご確認の上、
下記の問い合わせ先へTELまたはメールにてお申し込み下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□お申込・お問合せ:株式会社ラック 代表取締役 塚原 信義
          TEL: 03-5733-0535
          MAIL: joseikin@rac-inc.co.jp

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する[使い方はこちら]

« 平成28年度のものづくり補助金は公募が1回限り、って本当? | メイン | ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金では、社内人件費が対象経費に入らない、って本当? »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sigyo.net/mt4/mt-tb.cgi/17368

アーカイブ

最近のエントリー

このページのトップへ