トップページ
税理士 会計士 行政書士 司法書士 社労士
弁護士 弁理士 中小企業診断士 経営コンサルタント 保険代理店
HOME > 社会保険労務士 > 小玉社会保険労務士事務所 > ブログ > 国立職業リハビリテーションセンター赴任時代!

« 前職「障害者職業カウンセラー」から社会保険労務士開業に至るまで | メイン | 障害年金受給事例! »

国立職業リハビリテーションセンター赴任時代!

 皆さん、こんにちは!元、障害者職業カウンセラーで、現、社労士&年金アドバイザーの小玉 崇(こだま たかし)です。今回は国立職業リハビリテーションセンター在任の頃をお話しします。ここは厚生労働省所管の最大の職業訓練校かつ障害者職業センターです。基本的には身体障害者がクライエントでしたが、現在は特に決まりはないようです。私は職業指導部のカウンセラーとして、インテリアデザイン作業評価の仕事を任されました。つまり、職業訓練のインテリアデザインコースの適性があるかどうかを評価するわけです。私の誇りは、クライエントについて職務上知り得た秘密を決して他に漏らさないことでした。これは関学心理学研究室時代からずっと鉄則なのですが、これが私たち職リハの信用の所以でした。ちなみに、これはみなし公務員だったからなのですが、カウンセラー職を辞した後もこれを守らなければならないのです。当然、公務員は法律上の罰則があります。クライエントの秘密は、自分の墓場まで持って行くのですよね。。堅いようですが、私達のような、関学心理学研究室出身だと言うことが一流のブランドであり、皆さんから安心して選んで頂ける性能だと考えています。

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する[使い方はこちら]

« 前職「障害者職業カウンセラー」から社会保険労務士開業に至るまで | メイン | 障害年金受給事例! »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sigyo.net/mt4/mt-tb.cgi/17352

このページのトップへ