風俗営業許可申請(行政書士の業務内容)

トップページ
税理士 会計士 行政書士 司法書士 社労士
弁護士 弁理士 中小企業診断士 経営コンサルタント 保険代理店
HOME > 行政書士 > 風俗営業許可申請(行政書士の業務内容)
行政書士トップ
行政書士の業務内容
行政書士の参考料金例

行政書士の業務内容

風俗営業許可申請

風俗営業を営もうとする場合は、管轄の警察署保安課を経由して都道府県公安委員会に風俗営業許可申請書を提出しなければいけません。

風俗営業の申請のためには制限があり、半径100mにわたり保護対象施設の有無などを調査しなければなりません。また、風俗営業には飲食店営業許可証が必要な場合もあります。

風俗営業許可申請は、申請後すぐに許可がおりるわけではなく風俗環境浄化委員が調査にくるなど、許可には時間がかかります。

>>行政書士の参考料金例はこちら

士業ねっと!の「無料紹介サービス」今スグお電話下さい。
注目のキーワード
サムライマガジン マッチング成功事例 突撃!!サムライレポート サムライ開業パック 士業向けホームページ制作

相続登記ねっと!
相続登記、遺産分割、遺言書など残されたご遺族の方のお力になります!
sozoku-touki.net

このページのトップへ