トップページ
税理士 会計士 行政書士 司法書士 社労士
弁護士 弁理士 中小企業診断士 経営コンサルタント 保険代理店

« 超巨大トラフグ | メイン | 中小企業同友会研修 »

どこ行ったIFRS

福田です。IFRSの話題がだいぶ下火になってしまいましたがどうなってしまったのでしょう。正直先行国であるはずの欧州が今のような状態ですと導入して一体どれだけのメリットがあるのか疑問に思う部分もあるわけですが、基本的にタイムリー・ディスクロージャーという点から考えればIFRSはかなり足かせになるという気がします。IFRSの内容は毎年のように書き換えられ、恐らく将来もそういうことになると思いますので、適用企業は常ににそれを確認しつつ財務諸表を作成しなければいけません。日本を考えれば会社法や法人税法など周辺制度との間でIFRSとの齟齬がたびたび生じる可能性はかなり高いといえます。ただ今になってこれだけ足踏みしていることを考えると導入することで大きなメリットが得られるというようなものではなかったような気がします。異論はあるとは思いますがあえてIFRSを全面時価主義と定義してしまうとそこには数々のフィクションが生まれてしまうと思います。そこが不正の温床になる可能性も十分あると思うのですが。

============================
月次決算・経営計画を通じ貴社を常勝企業へ導くお手伝いをします
福田尚之公認会計士税理士事務所
公認会計士・税理士・証券アナリスト 福田尚之
初回無料相談実施しております。お気軽にご相談ください。
http://www.fukudakaikei.com/
〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-19-7庄司ビル403
TEL0120-08-3251( 03-6228-3251)
FAX 03-6228-3260
============================

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する[使い方はこちら]

« 超巨大トラフグ | メイン | 中小企業同友会研修 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sigyo.net/mt4/mt-tb.cgi/16259

このページのトップへ