知的財産権の価値評価(弁理士の業務内容)

トップページ
税理士 会計士 行政書士 司法書士 社労士
弁護士 弁理士 中小企業診断士 経営コンサルタント 保険代理店
HOME > 弁理士 > 知的財産権の価値評価(弁理士の業務内容)
弁理士トップ
弁理士の業務内容
弁理士の参考料金例

弁理士の業務内容

知的財産権の価値評価

知的財産などの無形資産をを有効に活用するためにも、その経済価値の評価が必要です。無形資産を的確に評価できなければ、経営管理や効率的な投資やM&Aなどを行うことは出来ません。

評価する方法には、特許権の独自の評価手法YKS手法・PQ手法があります。YKS手法では特許の収益力を指数化する方法で、PQ評価は特許を金銭的に評価する方法です。

>>弁理士の参考料金例はこちら

士業ねっと!の「無料紹介サービス」今スグお電話下さい。
注目のキーワード
サムライマガジン マッチング成功事例 突撃!!サムライレポート サムライ開業パック 士業向けホームページ制作

相続登記ねっと!
相続登記、遺産分割、遺言書など残されたご遺族の方のお力になります!
sozoku-touki.net

このページのトップへ